バンビーニ陸上クラブ

小中学生対象陸上競技専門教室
 048-783-2989
お問い合わせ

バンビーニ・アスレティクスとは・・・・各種スポーツ競技においてトップアスリートになるための小中学生向け組織です。
まずは、陸上競技において全国大会をめざすバンビーニ陸上クラブとそのクラブに直結した基礎クラスの2タイプの教室を2018年4月1日より開きました。
その後順次サッカーやテニス、ラグビーなどにおいてトップアスリートになるための教室を開いていきます。その際はバンビーニサッカークラブ、バンビーニテニスクラブという教室名になります。
 ただし、バンビーニ・アスレティクスはスピード、アジェリティ、持久力、筋力の基礎的運動能力を高めるトレーニングが中心ですので、サッカーのドリブルやシュート、テニスのサーブ、ボレー、ラグビーの戦略などを教えるのではありません。あくまでも高いレベルの指導に応えられる運動能力を目指します。その意味でのトップアスリートになるための組織です。

<今年の表紙のテーマ>

2022年は「五黄の寅(ごおうのとら)」といって、九星(きゅうせい)と十二支を組み合わせた年で、912の最小公倍数である36年に一度だけ巡ってくるものです。

九星の五黄土星生まれの人は「周囲を圧倒するほどのパワーの持ち主で運気が強大」で、十二支の寅年生まれの人は「強い正義感と信念の持ち主で困難を克服する強い意志と行動力がある」のです。

今年は最強の運勢を持ったこども達が生まれる年なのです。将来人類を引っ張ってくれる救世主が生まれるかもしれません。

 それでは、バンビーニの表紙は、トラから始めてトラの仲間であるネコ科の動物たちを一年間を追ってみたいと思います。

<今月のテーマ>

「トラ」(虎、タイガー)

20世紀の初め、トラは世界に10万頭が生息していたといわれていますが、今日では、約4,000頭前後の野生のトラが生き残っているのみと推定されています。トラは現存するネコ科では最大の動物で、かつてはアジアに広く分布していました。現在の生息域は、中国北部やロシアなどの亜寒帯、インドやベトナム、マレーシア、インドネシアなどの熱帯から亜熱帯に及びます。また、生息環境も密林や湿地、マングローブ、サバンナや標高3,000m以上の高山まで、地域によってさまざまで、多様な環境に適応しています。

すむ地域によって、体の大きさや体毛の長さなどに違いがみられますが、生息環境の相違によるものと考えられます。

トラは、チーターやライオンと異なり、草原のような視界の開けた場所で見られることは滅多にありません。熱帯林、北方林、背丈の高い草むらなど見通しの悪い場所に多く生息しています。トラの縞模様は、茂みなどに身を隠す際、体の輪郭をぼやかす効果があるといわれています。

 しかし、トラの生態は今も多くが謎に包まれています。特に、東南アジアの熱帯林に生息するトラなどは、調査が非常に難しいため、個体数を含め、不明な点は少なくありません。今後の保護活動を推進してゆくためにも、トラの生態や分布域、個体数の調査は、継続して行なっていく必要があります。

 

2022.01.20 Thursday