バンビーニ陸上クラブ

小中学生対象陸上競技専門教室
 048-783-2989
お問い合わせ

インターバル 第144回「トムとジェリー」(2021年9月25日)

144回「トムとジェリー」(2021925日)

こどもの人間関係は難しい。本当に仲がいいのか、虚構なのか、よく見ないとわからないことが多い。

学童でもいくつかの「仲良し組み」がいる。

Y男とK男はケンカばかりしている。多くの場合Y男がK男にちょっかいを出し、室内では執拗な攻撃にK男が耐え切れず泣き出すパターンが多い。Y男は懲りないこどもでしつこい、K男は自分の感情が抑えられないタイプで、その様子をみれば絶交してもおかしくない関係なのだが・・・校庭で遊んでいる時はY男を追っかけるが、Y男はすばしこいので捕まらない。血相変えて追っかけているので最初は止めに入ったが、それから12分経って彼らの方を見ると、もう肩を組んで歩いている。そのうち2人で私に絡んでくる。これも毎回同じで、学童版「トムとジェリー」と言える。

 Y男は毎日来る。K男はたまに休む。K男が休むと「おい、K男がいなくて寂しいか?」と聞くと「いや、別に」とうそぶく。他に友達はいそうにない。Y男は1人で本を読んでいることが多い。ちょっかいをだしてつきあってくれるのはK男と私だけだ。私にちょっかいを出すのはいいが、度が過ぎるので頭を叩かれる。浣腸をやるのでその痛さによって頭を叩く度合いが異なる。「いいか、頭叩かれた痛さが私の痛さだ。わかったか」とすごんでも決して泣かないし懲りない。泣くのはK男に味方して責められた時だけだ。「なんで、僕だけ・・・」と泣く。ちょっと言い過ぎたかなと思うと、K男が「そうだよ、Y男だけが悪いんじゃないよ。イリが悪い」という。「なんで俺が悪いんだよ。俺はお前の味方じゃないか」「ううん、僕はY男の味方」なんだかわけがわからなくなる不思議な関係だ。

トムとジェリー.jpg

 

女の子になると少し様相が異なる。2年生のM子とU子はいつも一緒で、周りから見ていても仲がいい。

「ねえ、イリ。M子ちゃんと遊んであげてよ。M子ちゃんイリと遊びたいんだって」

「・・・うん、遊んでもいいのだけど、『あやとり』以外にしようよ。私は男の子だったから『あやとり』をしたことがないのだよ」

ある時今度はM子が私のところに来て

「ねえ、U子ちゃんの髪の毛三つ編みにしてあげて」

「・・・うん、してあげてもいいんだけど、私は三つ編みをしたことがないのだよ」

「じゃ、やってみたら。お父さんは簡単にやっているよ」

「わかった・・・やってみる。・・・お~い、髪の毛の分量がわからないよ。どこで半分にしたらいいの?こんなものか。髪の毛を編むのは紐と同じように結んでいけばいいのかな?・・・こうかな?」

「痛い、イリ、痛いよ」

「ね、やっぱり私じゃダメでしょ」

その後、2人は二度と髪の毛を編めとは言わなくなった。

 三つ編み.png

 

もう一組、2年生でT子とE子という子の組み合わせが問題だ。

E子はT子を支配下に置いている。E子はいつもT子と一緒に座り他のこどもの接近をゆるさない。T子はE子がいなければ誰とでも遊ぶ、明るく楽しい子だ。ところがE子が来ると従属的関係に甘んじている。遊びも宿題もE子に指示される。もっといえば外遊びから帰って来ると「あなた、濡れているからお着替えしたら」といって着替えまで指示される。T子が宿題の答えがわからないと聞いてくるので教えようとすると、E子がしゃしゃり出てくる。学力はE子とT子ではT子の方が上なのだが・・・

以前は私とトランプのスピードをやるのが常だったが、「おい、T子、スピードやるぞ」と声をかけても、最近はE子が出てきて「ダメ、私と遊ぶのだから」と目をつりあげて言う。怒っているのだ。T子はあきらめ顔で従う。E子は自分の思い通りの子をつくりあげていこうとするママのようだ。

2人に何があったかわからないが、家が同じマンションというのもつらいだろうな。自分の母親にも言っていないようだが。困った関係だ。

こどもをコントロール.png

 

そんな悩んでいる私の後ろで、いつものようにトムとジェリーが仲良くケンカしていた。

 

 

143回「記録」(2021918日)

陸上競技の成績は「記録および順位」で表すことができるが、バンビーニでは特に「記録」を重視する。

吉田沙保里の全盛期時代にいた選手は彼女の出る大会では絶対に優勝することはできなかった。女子レスリングでは吉田沙保里を破らなければ正しい努力評価をしてもらえなかった。陸上競技でもこれから2,3年は田中希実がいる限り、他の選手は1500mで日本一になれないと思う。しかし、幸にも陸上競技や水泳競技には日本一という順位だけでなく、自己記録という目標がある。日本一が無理でも自己記録が更新できればこれまでの努力は報われる。ここが陸上競技と対戦型競技の違いである。

陸上競技の「記録」は時間とともに進化するので、その価値は時間と共に劣化するといえる。例えば、半世紀前には高校女子800m222秒で走れば関東大会で3位に入賞しインターハイに行けたが、今では入賞どころか予選通過もできない。冷静に言えば、バンビーニの女子(小6)でもこの記録を出す。「俺について来い」と先頭になって走っていたあの時の練習(青春)はいったいなんだったのだろう、と自問してしまう。

ただ、誤解しないでほしい。当時の記録を出した選手自身の価値を否定しているのではない。あの頃、我々は青い三角定規の「太陽がくれた季節」を聞いて頑張ってきたのだ。その価値は今もっても輝いている。

現在の選手が過去の選手以上の記録を出せるのは、栄養学やトレーニング方法の進化ばかりだけでなく、タータントラックの開発、それに伴うシューズの改良がおこなわれたからだと言ってよい。もし、1964年東京オリンピック100mで優勝した(タイムは1000)ボブ・ヘイズがいたらボルトに勝っていたかもしれない。ボルトの方がヘイズより環境条件は格段恵まれているからだ。

ヘイズとボルト.jpg

人類の記録の更新はこれからも続くだろう、しかし、決して平等ではないと言うことを忘れてはならない。オリンピックが常にアフリカのサバンナで裸足で行われ、それで記録が更新されたなら絶対評価をしてあげるべきだが、ペースメーカーがいる時代で厚底シューズを履いたキプチョゲと給水もままならない時代の裸足のアベベ(ローマ五輪マラソン優勝者)を単純に比較はできない

アベベとキプチョゲ.jpg

記録の面白さは絶対値だけではない。伸び率という相対値にも目を向ける必要がある。

素人がハイレベルの選手に追いつくのは並大抵の努力では追いつけない。練習中に挫折するかもしれない。伸び率はそれを乗り越えた努力の表れとして評価されるべきだ。

ただし、100m1200から0.1秒縮めるのはそれほど難しいことではないが 1100から同じ0.1秒縮めるのは難しい。すなわち、陸上を始めた時の記録が高いほど記録の改善(伸び率)に難易度(価値)が生じる。その価値は認めるが、「伸び率の絶対値」も評価してほしいと思っている

人類の記録は限りなく発展するのかいつか限界が来るのか、この命題はたくさんの異論があり結論を出すのは難しい。なぜなら、我々は人類の限界を予想する術がない。歴史や科学そしてスポーツは異端児によって未知の世界を切り開いてきた。いつ現れるかわからないがいつか現れる異端児(例:走り高跳びの背面跳びを考案したフォスベリーなど)により記録は伸び続けると考えられる。

フォすベリー.jpg

それはあくまでも人類としてであり、個人記録は確実に限界がある。長年トレーニングを続けていると記録は徐々に伸び率が小さくなり、やがて一定の状態となる。どんなに頑張っても越えられない壁にぶつかる。自己記録は停滞し、そして低下に転じる。自己の限界は誰にでも訪れる。陸上を継続するかの判断をする時がやがてやって来る。本人には残酷だが、決断は自分自身で行なわなければならない

だが、小学生については何の心配もいらない。小学生の段階では記録の限界はない。興味があり続ける限り伸びる。魚の一生にたとえるならば、サケが川を下って海にまさに出ようとしている瞬間である。遡上のことなど考える必要はまったくない。大海原で大きく育っていってほしい。

サケ 稚魚.jpg

 

 

第142回「天国に一番近い男」(2021911日)

こども達にキツイ練習を課すと必ず言われる言葉がある。

「コーチもやってよ」

200mのインターバルや110m加速走などは中学、高校、大学といやっというほどやってきた。その経験も踏まえての練習計画だ。以前こども達の煽りに乗ってしまい300m走をやったらお尻の筋肉を痛めてしまい、2度とこどもの挑発には乗らないことにしている。だから、こどもに言われたらこう答えている。

「コーチはね、こどもの頃、人一倍練習をしてきたので、神様が『入山、お前は十分努力してきた。もうこれ以上やる必要はないよ。よくやった』とおっしゃるのだ。もう神様と仲良くしなければならない年頃になった。神様のいうことは聞かないといけないから、やらないのだよ」

「・・・・」

「だから、神様とお友達である私の言うことを聞け、さあさあ始めるぞ」

神様2.jpg

 

 学童では私が床屋に行くと必ず寄ってくる連中がいる。頭が坊主だからだ。肌触りが良いのだろうか、すぐ頭をいじりにくる。ある時2年生のY子が私の頭をさすりながら

「ねえ、ねえ、イリは学童に来ない時は何しているの?仏様をしてるの?」と尋ねてきた。

「?・・・Y子、それは『お坊様』というのじゃないのかな?仏様だと私はもう死んでいることになるからね」

「・・・」

御坊様.jpg

入会したこどもには最初に「もし君がオリンピックに出て金メダルを取ったら、1度でいいからNHKのテレビの前で『今あるのは小学校時代に教わったバンビーニの入山コーチのおかげです』」と言ってくれ、約束だよ」と言うことにしている。

 ある時この話をした小1の女の子が

「コーチ、今何歳?ちょっと考えてみて、私が大人になってオリンピックで活躍できるのは20年後だよ。その時、コーチ生きてる?」

「・・・う~ん、難しいかもしれないね」

「でしょう、じゃ『テレビの前』でなく『お墓の前』で言ってくれ、が正しい言い方じゃないの?」

「・・・」

お墓詣り一番.jpg

 学童では17時頃から保護者が迎えに来る。顔が似ている親子なら○○お迎えに来たよと言えるが、おじいさんが迎えに来るともう私には誰を迎えに来た人かわからない。そこで「お帰りなさい、お~い、お迎えに来たよ」と大声を出すと、腰を上げた子がおじいさんのお目当ての孫だ。こども達が少なくなると私に寄って来る子がいる。消毒作業の邪魔になるので時々「S男、お迎えだよ」」と言うと、私から離れて身支度をする。そして虚言だと知るとブーたれる。何回か引っかかったS男は、ある時意趣返しとばかり玄関付近から私に向かって「イリ、お迎えが来たよ」と言い放った。居合わせたこども達の目はすべて玄関に注がれた。

それにしても、言葉というのは不思議なものだ。今まで何気なく使っていた言葉も自分が言われてみると、妙に嫌な響きに聞こえる。私のお迎えはまだ早い。

 お迎え.png

 141回「水を飲ませることはできない」(202194日)

「馬を水辺に連れて行くことはできるが、水を飲ませることはできない」

馬と水.jpg

この言葉はイギリスの諺で、英語表記では「You  can  take  a  horse  to  the  water, but  you  cant  make  him  drink.」と書く。馬が水を飲むかどうかは馬次第なので、人は他人に対して機会を与えることはできるが、それを実行するかどうかは本人のやる気次第であるという意味だ。

うちのクラブにはかつてスーパー1年生と呼ばれた男の子が2人いる。入って来た時は先輩たちを抜くことを楽しんでいた。まるでチーターのこどもがガゼルをもてあそんでいるようだった。2人を見ているだけでワクワクした。しかし、練習に対する取り組みがなぜか年々後ろ向きになってきて、今では普通の4年生になっている。1人は勉強で、もう1人は水泳で頭角を現しているためだ。バンビーニの長距離女子は精鋭がいるが、不思議と長距離男子は5,6年生が1人も入会していない。クラブ運営の点からも男子4年生に期待がかかる。3年前はこの子らがバンビーニを背負うと思っていた。しかし、時の流れに押し流されてしまった。1年生で指定タイムがあったら即切っていた逸材なのだが、3年の時間は長すぎた。成果を出すには無理強いするのではなく、根気よく指導するべきなのだが、「水は飲ませることはできない」

もてあそぶ.jpg

 途中で入ってきた野生児の3年生がいるが、この子はこの子で裸馬のように乗りこなすのが難しい。乗るというよりいつも抑え込んでいることの方が多い。何しろ目の付け所が違う。走ることより足元の昆虫や手元の新しい道具に関心がいってしまう。鞭を入れようが餌をやらないようにしようがめげない。これはこれでたいしたものだと思うが私のストレスはたまる。首を振ったりペースが上下するのを直せば、5年生で指定タイムをクリアできる力があるのに「水を飲ませることはできない」

 暴れ馬.jpg

6年生のR子については、長い距離の練習が嫌いで何度も「これを克服しないとラストで逃げれないよ」と言うのだが、400mまでの練習は楽にこなせるのに、600m以上の距離になるとまったくふがいない。脅してもすかしてもダメだ。600m以上の練習に真剣に取り組まないからそれまでの「逃げ」が活きない。だから同じ過ち(ゴール直前で差される)を繰り返す。305秒は切れる実力があるのに「水を飲ませることはできない」

得意な顔.jpg疲れマーク.jpg

この子が卒業するまで毎回声が枯れてしまうのかと思うと、「喉頭がん」が心配になる。

 4年生にはもう1人問題児がいる。その子が問題なのは、練習態度ではない。練習は一生懸命なのだが、「走り終わっても決して息が上がってない」ことが問題なのだ。たぶん全力走をしていない。いや、できないのだと思う。大人は全力で走ってくださいと言えば速い遅いは別にして全力で走れるだろう。ところがこどもは走れない子がいる。いつもいう自己防衛反応が働くのだ。しかし、「野良犬に追っかけさせれば全力で逃げる」と思う。私が彼に小言を言っているのはタイムではない。練習の時全力で走れ、ということだけなのだ。しかし、それができない。何度も怒るのだが、「水を飲ませることはできない」

犬に追いかけられる.png

この子らは才能がないのではない。才能は有り余るほどある。後は気持ち次第だ。今からでも十分間に合う。「上昇意欲は人一倍あったが才能がなかった」私からすれば見過ごすことができない存在なのだ。「才能があるのに努力しない子には、クラブにいる限り喉頭がんを恐れず叱り続けて行く。水を飲まないなら馬面を水に浸けても飲んでもらう」

こう書くと「ほめて育てる」教育者からは非難されるだろう。しかし、私はこどもを無責任にほめない。結果的には「水を飲ませることはできない」だろうが、彼らを放っておくことはもっとできない。

ほめる.jpg怒る.jpg

 

 

140回「集団免疫とラクチン」(2021829日)

 バンビーニは会員3名で始まった。クラブ運営は手探りで、1クラス1人の時もあった。そのうち数人がまとめて入会してくれたが、目標が違っていた。私は埼玉陸協の指定選手に育てたいと思っていたが、「とある大会で入賞することが目的」と言われ、3km用の練習がメインになった。練習にもどんどん割り込んできてインターバルの途中でこどもが疲れているからと子どもと一緒に帰ってしまうこともあった。やめたらどうしようという恐怖心があったのだろう。黙って見ているだけだった。

SB.png

道具の後片付けも、大会の準備も1人でやった。当時の保護者の方たちが冷たいというのではなく私が他人を受け付けない雰囲気だったのかもしれない。無償の方が楽かな、とも思った。しかし、昔有望なこどもに無償で練習をしたことがあるが、その時は相手がいいかげんになり遅刻したり休んだりで心が折れてしまった。

そのうち家内がクラブ運営を本格的に手伝ってくれるようになって気が楽になった。人は増えなくてもいいから強い選手「埼玉陸協指定選手」をつくることに専念できた。とある大会は優勝してもその後の面倒は見てくれない。埼玉陸協は認定後1年間指導してくれる。中学生になって私の手から離れても安心だ。また、強化指定選手のTシャツは強化指定選手しか買えない。こどもにとってステイタスそのものだ。強化指定選手はバンビーニの黄色いTシャツは着てくれないが、それでいいと思っている。

強化指定のTシャツ.jpg

 

指定選手の保護者からの情報がクラブ内に浸透し共有化され、段々と共通目的が形成されていった。そのため皆が誰々の記録は○○秒とか△△秒とか理解するようになった。親が関心あるのだから子どもにもその効果が及んだ。すると集団内で競争が起きた。サボっている子には皆で叱って励ますようにもなった。

集団(チーム)には、必ず「チームがどこに向かっていくのか」「チーム目標は何か」という、共通目標や目的が存在する。陸上クラブのバンビーニではやっと「埼玉陸協の指定選手記録」が共通目標として定着し、練習内容も1000mに絞れることになった。

 チーム.jpg

バンビーニの一定割合以上の人が強化指定をめざすと、他の目的の人が入って来ても影響が少なくなり、ふざけたりサボったりすることが流行せず、上昇志向の高い選手を守ることができた。

強化指定の記録もかつては1000320秒を切ることが大変であった。しかし、バンビーニではN子が初めて切った後、彼女を目標として練習してきた34人の選手が切るようになり、今では320秒は練習を重ねれば必ず切れるものと誰もが思うようになった。そのため「320秒」というウイルスに対して、ほぼすべてのこども達は免疫となった。

また、最近では後片付けや大会役員も自主的にやっていただけるようになり、気持ち的に楽になった。保護者の方とのコミュニケーションに努める家内の情報(家庭内のこどもの状況)は、練習計画にも指導方法にも大変役に立つようになった。こうしてバンビーニが集団として動き出せ、クラブ運営を楽にさせてくれたのである

ここまでお読みになった方は、「あれぇ」表題と違うじゃないか、と思ったことでしょう。コロナの話じゃなかったのかと。

申し訳ありませんが表題を今一度見直して頂きたい。皆さんがイメージした「集団免疫とワクチン」とは書いていません。今回は「集団免疫(がある)と(クラブ運営が)ラクチン(楽ちんになる)」というお話でした。

らくちん.jpg

 

*)参考

感染症は、病原体(ウイルスや細菌など)が、その病原体に対する免疫を持たない人に感染することで、流行します。ある病原体に対して、人口の一定割合以上の人が免疫を持つと、感染患者が出ても、他の人に感染しにくくなることで、感染症が流行しなくなり、間接的に免疫を持たない人も感染から守られます。この状態を集団免疫と言い、社会全体が感染症から守られることになります(厚生労働省のHPより)

集団免疫.jpg

139回「転倒と落雷」(2021822日)

子どもが転んだときに、親が慌てて駆け寄れば子どもは過剰に泣くようになる。「早くしなさい」くらいの対応にしておけば、こどもは何事もなかったように、泣くこともなく平然と立ち上がる。年寄が転べば骨折が心配されるが、こども達にとって「転ぶ」ことは「大したことではない」と認識さていく。

転倒.png

親には「いい親でいなければならない」という強迫観念のようなものがあるようだ。だから、どうしてもこどもをかばいすぎる傾向にある。

練習が乗り気でないこどもの保護者(その時はおじいちゃん)に「おじいちゃんからも何か意見言ってくださいよ」といっても「いや、私はM子に嫌われたくないから言えませんよ」

また、あきらかに自分の子供以外まったく興味がない人もいる。他人のこどもに対して悪口も言わないけれど気にもしない。自分のこども命である。思春期になって「うるせえなー」と言われたらどのくらい落ち込んでしまうのだろうか。今から子離れの準備をしておかないといけませんよ。

バンビーニでは口数の少ない子が多い。では、本当に無口なのかというと、事実はそうではないようだ。春合宿で何がキッカケかわからないが喋り始めたことがある。1人が喋ると皆が口を開いた。今までが猫をかぶっていたのかと思うほどだ。

保護者は自分の子どもが心配なあまり、子どもが傷つかないようにさまざまな場所で「この子は家では喋るのですが、コミュニケーション能力が低いので外ではしゃべらないのです」といっている。

しかしそうすると、子どもにどんどんその言葉が刷り込まれていき、自分はコミュニケーション能力が不足しているのだと認識するようになる。子どもは、大人が気にすることを気にするので、段々としゃべらなくなる。

最近は練習量が増えてきているので、足が痛かったり気持ち悪かったりすることが多くなったが、私からやめろとは言わない。だから自分から訴えるしかない。といっても、訴えてくるのはいつも決まった子で、入会が浅い子はめったに言わない。常連者の訴えはまず拒否する(この輩は申告して認められればもうけものとしか思っていない)が、初めての子はほぼ認めている。最初に拒否すると次に言ってこなくなるので怪我や熱中症などにつながってしまうのが怖いからだ。

無口は1人で参加しているこどもの傾向だが、3姉妹となると真逆になる。バンビーニの水曜日クラスは3姉妹が2組いる。そのうるさいことうるさいこと。アブラゼミとミンミンゼミが一つの木で鳴いているようなものだ

三姉妹.jpg蝉.jpg

「今日は200mx10をやりますが、まるお(大人のランニング集団)が来る前に終わらせるので、時間通り行かない場合、残りは400m走または600m走としてまとめておこないます。よって、必ず全部行います。覚悟してね」

「なにそれ、意味わかんない」(K家次女3年)

「ねえ、休み時間何分、まさかジョッグじゃないよね」(I家三女2年)

「コーチ、私は何本走ればいいの?皆と一緒というわけにはいかないよねぇ。私1年だよ」(K家三女1年)

一度落雷があって中止にしたことから「雷は練習中止」との刷り込みで、雷鳴が聞こえたり遠くの空が点滅すると「コーチ、雷だよ」(I家三女2年)と騒ぎ始める。

落雷.jpg

わざと知らないふりをすると「コーチ、今の聞こえなかったの?補聴器付けた方がいいよ」(K家次女3年)

「コーチ、今空が光ったよ」振り向くと消えている。わざと反対方向を向いて時間を稼いでいると

「コーチ、動作が鈍いよ。何で反対方向向くかな。・・・歳には勝てないか」(K家三女1年)

この喧騒は延々続く。

しかし、私はセミたちに対して「話は聞くが言うことは聞かない」ことにしている。

 

138回「正解!よくわかったね」(2021815日)

学童でM子が「今日は誰の誕生日でしょうか」と聞いてきた。

「う~ん、待ってね。よく考えてみる・・・M子の誕生日かな?」

「正解!よくわかったね」

T男は「ミッケ!」という視覚探索絵本に載っている「●○」はどこにあるかと聞いてくる。彼はすでにクリアしている。案外難しいのですぐにはわからない。

「え、わからないの?教えてあげようか?」(ニコニコしている)

「いいよ、自分で探すから。おお、●○はもう見つけたよ」するとT男の目が本の左下隅に動く。私は彼の目の動きを見逃さない。

「ほら、見つけた」

「正解!よくわかったね」

 帰り際、F子が「イリ、問題出すよ。できるまで帰っちゃだめだよ」

「うん」

「問題、●●●。答えは1番□□、2番△△、3番●○、それに、えーと、4番□◆、答えはどれでしょうか」

「えーと、4番□◆」は答えから外せる(えーとで付けたしにすぎないことがわかる)。

「もう1回問題言って 」と言うと

1番●○、2番△△、3番□□」

と前と違った順番になると、もう答えは2番△△と判断できる。

2番かな?」

「正解!よくわかったね」

こどもの言動は慣れれば理解するのは簡単だ。社会に出て複雑怪奇な言動をする大人と長い間接してきたせいか、学童はゾウガメやイグアナたちがいるガラパゴス島に来た気がする。若干小賢しい者もいるが、多くは粘土のように自由自在に形を変えることができる。

この子らがこのまま大人になったらと期待するが、このままでは他人に騙されてしまうだろう。純粋な心のままで大人の世界に入れば到底生きていけない。その世界に順応するため姿かたちはおろか性格までかえなければならない。それをしないで生涯を全うできるのは天皇家と大谷翔平しかいない。

だから、私はゲームをやる時は手加減しない。オセロはどんなことがあってもコーナーを狙う。4つのコーナーをとれば勝てるからだ。トランプも真剣にやる。こどもが泣いても勝つ。大人げないと言われても勝つ。それがこどもたちのためになると信じている。UNOという遊びでかっこつけて「上がり!」とカードを叩きつけたら、こども達の順番を待っている間カードを伏せていたせいもあって、色も数字も上がりに関係のないカードであった。途中で思い込みがあったのだろう。「あっ」と慌てて戻したら、皆はその動作に腹を抱えて笑った。例のR男がいつもより激しく涙流して笑っていた。ヒール役の悲しい末路だった。

学童には4月から1年生が入会してきたので、K子という同じ名前のこどもが2人いるようになった。4年生の仕切り屋のK子とあどけない1年生のK子である。

落し物があったので「おい、K子」と呼びかけた。

「どっちのK子よ!」と4年生のK子が語気強く答える。

ちょっとムカッと来たので

「可愛い方のK子だ」

「・・・・」

4年生のK子に気を使ってか、皆下を向いた。普段低学年の多くは気遣いなどできないのに、このケースだけは無言で通した。このような場合、大人の世界でも同じような対応をすることが多い。

「正解!よくわかったね」

uno1.jpgガラパゴス.jpg

沈黙.jpeg8e03fd069928c01eb197423373183e43_t.jpeg

 

 

137回「届かぬバトン、つながらないタスキ」(202188日)

陸上競技の多くは個人種目だが、短距離ではリレー、長距離では駅伝が唯一チーム種目として存在する。ただ、サッカーや野球のように毎日練習をするのではなく、通常は個人練習が主体で、大会が近付くとチームとしてバトンやタスキの受け渡しの練習となる。だから、チームプレーに慣れていない多くの陸上選手には大きなプレッシャーとなる。

東京五輪の400mリレーは夜の1050分スタートで、金メダルを取って幸せな気分で寝る予定だった。しかし、まさかの棄権。走り続けてもテークオーバーゾーン外での受け渡しとなり、失格だっただろう。寝苦しい夜となってしまった。

リレーは1走以外はスタートがない分速くなる。できる限り加速してバトンをもらえば記録はあがる。前走者がここまで来たらスタートするラインを歩数で計り、テープで印をつける。メンバーは何度も練習をしてきているのでスタートの位置の狂いはない。多田選手が急激に遅くなったとは思えないので、力の入った山縣選手がいつもより早く飛び出してしまったのだろう。オリンピックの雰囲気がもたらす過剰アドレナリン効果だ。

小学生のスピードでは通常はオーバーゾーンの失敗は少ないが、バトンパスについては渡す際の「はい」の他に、選手間の詰まりは「行け!」「速く!」、離れていると感じたら「待て!」「落として!」と声を掛けろと言ってある。次走者は目印のテープを超えたら飛出し後ろを見ないからだ。前の走者は次走者をコントロールする立場にある。多田選手が「待て」とか「速い」とか言葉をかけていればオーバーゾーンはなかったかと思う。これまでの練習ではあまり経験がない上、多田選手が山縣選手より4歳も年下だったので言葉が出なかったのかも知れない。自分で何とかしようとしたのだろう。しかし、言葉が出てもオリンピックのレベルではもうこの段階で入賞はなくなったといえる。

一方長距離では駅伝がある。大学では箱根駅伝が有名で、関東にある大学は箱根駅伝の優勝を目指す。しかし、ここでも悲劇を見てしまう。「繰り上げスタート」である。関東学連の規定では

①往路の鶴見(2区)・戸塚(3区)中継所は10分遅れたチーム。

②往路の平塚(4区)・小田原(5区)中継所は15分遅れたチーム。

③復路すべての中継所は20分遅れたチーム。

はすべて繰り上げスタートで、関東学連から与えられた繰り上げスタートのタスキ(白色と黄色のストライプ)で走らなければならない(繰り上げスタートは駅伝が一般公道を使うため交通規制の関係で設けられている)。

渡す相手がいない中継点にたどり着いた選手は事の顛末を知る。虚無感に襲われ自責の念にかられてしまう。これは仲間の実力から積り積もって行った遅れなのだ。決して君一人のせいじゃない、といっても長距離はストイックな人間が多く、自らを責めてしまう。伝統のタスキの重みで押しつぶされてしてしまう。まさに「車輪の下」だ。

ただ、このような過酷な環境の中に一筋の光明がある。関東学連では繰り上げスタートの際のタスキに関する特例がある。

往路のフィニッシュ地点である5区と、復路のフィニッシュ地点である10区に限っては、「チームのタスキを使用する」としている。自校のタスキへの思いを配慮し、戦い抜いてゴールをしたことに対する敬意がこの特例に込められている。粋な計らいである。

(関東学連には大会前に2つの自校タスキを預けることになっている。1本はスタート時にもらう。残りは関東学連が保管し、特例の場合に使用する)

一方バンビーニの小学生はバトンを落とそうが転倒しようがめげない。レースが終わればバッタを追いかけてキャキャ言っている。そこがこどものいいところで、一つの失敗でくよくよしない。「届けたよバトン、つないだよタスキ」と、結果はともあれルンルンしている。

メダルばかり追いかけるのではなく、たまにはバッタでも追いかけてみたらどうだろうか。そして気分転換出来たら、3年後のパリ大会で「頑張れ日本!」

バトンミス2.jpgスタート繰上げ.jpg

 

 

 

 

136回「神経質な男」(202181日)

学童には神経質な男の子がいる。3種類の色の積み木で遊んだあと片づけをするのだが、私は適当に箱の中にしまうが、R男は必ず青色、黄色、赤色の順番に入れる。信号の色の順番に入れているようだ。でも信号は赤から始まっているのかもしれないよと茶化すが、自分の信条があるようで、意に介さない。

そういえばバンビーニでもマーカーを片づけるのに青、黄、赤、緑・・・ごとに集める子がいる。その点、私は全く気にしない。マーカーは直線又はエリアを示すものと考えているから、位置がずれてなければ何でもいい。ウエーブ走の時は「1個目まで全力、2個目まで80%で流し、3個目からまた全力で・・・」と指示する(青色まで全力、黄色まで80%で流し、次の青色からまた全力で・・・のがわかりやすのだと思うが)。

最近、ストライド走の練習は走路に目印の意味で細長く切ったマットを置く練習をしている。だが、その目印のマットの切り方がバラバラで太かったり細かったり、曲がっていたり、ギザギザになっていたりで、こどもらに指摘された。少しは失敗かなと思ったが、いつものように「ま、いいか」で使用することにした。こどもらの悪評にもめげない。

家内からはいつも「あんたは本当にA型か?」と言われる。人間77億人いるのに4つの型に分けるのは暴論だが、よく考えると家内の言っているのは間違ってないのかもしれない。親父がA型でお袋がO型だから必然的に私はAO型なのだ。そのO型が無神経な性格を構成しているのかもしれない。

普段はO型が支配している私の身体だが、もう一方のA型の因子も時々顔をだすことがある。これが出てくると平穏無事に過ごせない。バンビーニ創設以来、いつもナーバスになることがある。こどもの記録ではない。こどもは練習をこなしてくれれば記録は出る、とO型の因子が勝手に判断してくれる。記録ではなく、「大会に申し込むこと」が最大の心配ごとなのだ。昨年足立区の大会に申し込んだら開始1分で一杯になったと言う。前日の2359分だと受付前だからと拒否されるのも嫌だったので、受付日の001分に送ったら、23日して「お申し込み多数で締め切られた後なので受け付けられません」とのメールが来た。夜中だよ。たったの1分遅れだよ。

これ以降トラウマとなり、メールでの申し込みの際、漏れはないか、メールが届いているのか、選手名は間違っていないか、種目は正しく入っているかなど心配事が津波のように襲ってくる。最近も締め切りまで5日以上もあるので全員の回答を待って申し込んだら、なんと一杯で締め切られていた。じゃあ、他の大会では申込み初日に申込したら、大事な小2の男の子の名前を書き忘れた。いや、心臓がバクバクした。幸い保護者のご厚意でゆるしてもらったが、急いでいたせいか二重チェックをしていなかった。強化指定選手の最後の認定大会で6年生にこれをやってしまったら一生後悔してしまう。また、うまく申し込みが終っても今度は大会に出る時、ゼッケンが間違ってないか、安全ピンを忘れてないか、これまた心配事が絶えない。

私はこのようにA型人間、O型人間の二重人格なのだが、今後の人生うまく折り合っていかなければならないと言い聞かせている。しかし、A型人間が出てくると、臆病で神経質な自分に向き合うため、私はとたんに憂鬱になる。

血液.jpg二重人格.png

 

 

135回「Dr.スランプ」(2021725日)

アンドロイドの「アラレちゃん」を作った則巻千兵衛は天才発明家と言われていたが、長い間売れる製品を出せずに悩んでいた。そのため別名「Dr.スランプ」と呼ばれている。

このよう心身の調子が不安定になって「記録の停滞」「技術の伸び悩み」などが起こることをスランプという。競技キャリアが長く、ある程度の実力を持った選手であれば、どんなスポーツにも一時的に伸びが停滞する時期がある。

こどもの停滞はこの他にこども特有の「成長期における身体の変化」がきっかけとなる場合(クラムジー)もある。まずは子供の気持ちや状態をしっかり把握する必要がある。変な走り方をしているのでこどもに聞いたら、「靴が小さくなって痛いので、痛くない走り方をした」という。帰る時お母さんに報告し、次の週は伸び伸び走っていた。

保護者からスランプのことを聞かれるが、小学生の「記録の停滞」はスランプ(いつもの調子が出せず「通常以下の状態」)ではなくプラトー(調子は通常通りだが成長を感じられない、練習などの成果が表れない停滞期のこと)のことが多い。

プラトーは悪い事ではない。ほとんどが“伸びるために停滞している状態”で、 その時期は“力を溜めている状況”だと思った方が良い。ジャンプするためには寸前で一瞬縮む行為をするのと同じだ。特に陸上競技を専門にやり始めるのは4年生くらいからで、さほど競技期間は長くないし、練習時間も限られるからだ。スランプは中学生以上になってからだと言ってよい。

陸上を始めてしばらくの間は、初めてのことが多いし、今までできなかったことができるようになり、記録も伸びる一方のためこどもは貪欲に練習をこなす。しかし、ある程度のレベルや年齢に達すると自然に「好きな練習」と「苦痛な練習」が発生し、コーチから言われた「するべき課題」を避けてしまうことがある。

バンビーニのR子は抜群の才能があるのに、練習に好き嫌いがあり、短い距離のトレーニングは好きだが長距離走は嫌いで手を抜く。これを繰り返すと「苦痛で地道な努力」ができなくなる。鍛練期の練習が始まると、とりあえず「何らかの練習」をやっておけば、努力を怠っていない気になったり、練習をちゃんとやっている気になる。その結果「頑張っているのに結果がついてこない」「努力をしているのに自己ベストが更新できない」と嘆くようになる。

それがスランプかと聞かれれば、答えは「否」で、それは「プラトー」と言える。プラトーならば、するべき課題を見つけだし「自分の苦手を克服する努力」を怠らなければいい。前半から飛ばして追いつかれたら「そこから引き離す力と精神力」を持て、というこの夏の課題を克服できれば、もっと記録は伸びるし、もう誰にも負けなくなる。こちらもゴール前でやきもきしないで済む。

R子の跡を継ぐと思われる女の子も今「プラトー」に陥っている。「最初に飛び出してもいいが、後半抜かれたらどうしよう」ということで、彼女の心の中には不安が広がっている。スピードもあり根性もあるのにいつも第2集団にいるから、折角のラストスパートも無駄になりメダル圏内からはずれる。「1年かけて500m、600m、800m・・・と、追いつかれるまでの距離を延ばす」という課題を与えることにした。飛ばしてその結果ヘトヘトになって抜かれるなら何も言わない、今のようにやさしい顔で走り終わるのはダメだと言っている。

元々美人顔だが「苦痛に悶える」顔が現れた時、本人も予想をしなかった記録が生まれる。「んちゃん砲」を繰り出し「地球わり」のパンチをお見舞いする「アラレちゃん」こと「則巻アラレ」が暴れるような姿を、大会で是非見たいものだ。

Drスランプ.jpgスランプとプラトー.jpg

 134回「衣食足りて礼節を知る」(2021718日)

他のクラブでは帰る時にグラウンドに向かって礼をする。「ありがとうございました」の声をかける。うらやましい限りの光景だ。私はこの礼儀作法に憧れることはあっても反対するつもりはない。だが、幼稚園児までいる当クラブでは徹底させるのは無理だと思っている。ただ単にやらされているあるいは真似している限りでは、ぎこちなく、外人の神社参拝と同じ姿となるからだ。

礼儀というものは人間関係をスムーズにするために欠かせない作法のひとつだが、この礼儀を重要視しているのが剣道や柔道などの「武道」だ。

武道で礼儀が必要とされる理由のひとつとして、相手への敬意を表すことによって自分をコントロールできるからだ。剣道や柔道などの武道は一対一での対戦となり、技の未熟さや心の未熟さがケガやトラブルの元ともなりかねない。礼というものは形式的なものだが、その型に自分を押し込むことで、ややもすると失いがちな理性を取り戻すことができる。

また、武道の稽古や試合において、道場や試合場に入るとき礼をするのは、「道場を使わせて頂きます」という感謝の気持ちからでるものだ。稽古を付けてくれる指導者や先輩、自分を向上させてくれる対戦相手に「お願いします」と敬意を表し、終わると「有難うございました」と感謝し、頭を下げる。 

羨ましいならお前のクラブもやれ、と友達の武道家に言われる。 

コロナのせいで、あれほど当たり前に使っていた陸上競技場が使えないことが、どれほど不便なものか身に染みた。使える日、グラウンドに入る際自然と頭が下がる。

しかし、現状が当たり前の小学生には無理だ。小学生のこども達に礼儀作法を説いても翌週には忘れる。すると、友達の武道家からは根気よくやれとさらに言われる。

小学生では剣道の先生に勝つことは絶対にない。だから先生は神様に近い。その威厳で礼儀作法を徹底させることができるかもしれない。絶対的な存在は信仰に近くなる。

陸上においては逆に私の年齢ではこどもに絶対勝てない。インターバルをやるぞというと「じゃ、コーチやってみてよ」とよく言われる。その時私は即座に「うん、しないよ。私は小さいころからよく練習をしていたので、神様がね、『入山、もうお前は十分頑張ったから走らなくていいよ』とおっしゃる。そろそろ神様と仲良くしないといけない年齢になった。だから神様の言うとおりにしようと思っている」と答える。幸いこどもたちはここまででそれ以上私を追いつめはしない。威厳がないのでこどもたちを誘導することができないが、人柄もさほどいいわけでもないので自然に従ってくれることもない。困ったものだ。

バンビーニでは昔の言葉の「衣食足りて礼節を知る」というのが現実的で、私はそれでいいのかなと思っている。すなわち、「衣服や食糧といった生きるために必要なものが十分にあるようになって初めて、礼儀や節度といった、社会の秩序を保つための作法・行動が期待できる」ようになると思っている。

写真の女の子は3月の越谷カップに出た時の写真である。この子は本当に素人の選手だったが、普通の女の子でも努力次第で指定選手になれるという見本だ。この子にグランドに対して頭を下げろ、と教えたことは一度もない。なのに、ゴールした後グランドに自然と頭を垂れた。これが真の礼儀であり感謝の気持ちの表れだ。「衣食足りて(自分が指定選手を狙えるようになって)、礼節を知る(この機会を与えてくれたグランドにライバルの同級生に感謝したくなる)」のだ。

今、私がこどもたちに厳しく説いているのは、「競技場のトラックの中から外に出る時は、右側を見て走って来る人がいないことを確認してから、渡れ」だけである。

志穂.jpg

133回「そうだ、いいこと考えた」(2021711日)

 こどもの「そうだ、いいこと考えた」という言葉はろくなものではない。

学童の時の鬼ごっこはなんだかんだで私が鬼になる。「イリから逃げろ!」という鬼ごっこは文字通り私が最後まで鬼だ。交代がないので「やらない」と言うと、「そうだ、いいこと考えた。氷鬼にしよう。皆捕まったら交代ね」氷鬼はくせもので、捕まえたこどもはその場で氷になって動けなくなるが、残りのこどもが2手に別れて行動するので、すぐに氷は解けて捕まったこどもは開放される。「交代」という言葉があるからとりあえず私の要望には応えたわけだが、「皆捕まったら」という条件付きのため、実際はこれもエンドレスになる。

トランプの神経衰弱をやると「そうだ、いいこと考えた。こどもたち対イリでやろう」5人のこどもと私1人だから、順番が回ってこない上こどもたちの暗黙の協力があって、根こそぎ取られてしまう。

シルバニアファミリーをやっても「そうだ、いいこと考えた。今日のイリは犬ね」「いやだ、パパがいい」「パパはT男に決まっているので、イリは強そうだから犬ね。何かあったら私たちを守ってね」といいながら、シルバニアファミリーは一家団欒の楽しい場面が進行する。だから私が登場する余地がない。「ワンワン」「ワオーン」と吠えても「今日はうるさいわね」で終わり、家に入れてくれない。

つまり、こどもたちの「そうだ、いいこと考えた」は「そうだ、いいこと(こどもたちにとって得になること・都合のいいことを)考えた」のである。決して私を含めた全体最適を考えたのではない。

バンビーニにおいても、実際にその現象がおこる。

時間が押していて2時間の練習の中で計画したインターバルが全部できないことがある。有料のグラウンドを使っている時はこどもたちも時間内で練習は終わることを知っている。

あと30分しかない時に400mx5200mx5が残っていると、まとめ役のS子が私のところに来て「コーチ、時間がないですよね。どうでしょう、いいこと考えたのですが、200mを7本でどうでしょうか。そうすれば時間通りに終わりそうです。400とか200の組み合わせに固執していると時間が無くなるのです。善は急げです」「・・・・」「いや、ダメなら20010本までなら何とか頑張れると思います」

「・・・・そうだ、いいこと考えた。400mと200mに分けるので休みの時間が多くなり時間が足りなくなるのだ。S子に言われなきゃわからなかった。400mと200mにこだわるからいけないんだ。あわせて600にすればいいんだ。よしそうしよう、善は急げだ」

「・・・・・」

急遽残りは600mx5の練習に替わった。ダウンは外になったが無事予定の距離は走れた。その後、S子らの「そうだ、いいこと考えた」発言はなくなった。

ひらめき2.png犬.jpg

走る つらい.jpeg

 

 

132回「同期現象」(202174日)

長距離は個人で練習するよりも集団で練習する方が伸びる傾向にある。

では、なぜ集団だとこどもたちは伸びるのであろうか。

①ランナーは1人で走るよりは数人の集団の中で走る方が楽に感じる。

単独走よりも能力の拮抗した複数走の方が速くなる。これは複数走では自然に心理的にやる気が高まっているからである。酪農家は1匹で飼うよりは群れで飼う方がエサをよく食べ、早く成長することを経験的に知っている。個別には無口な子が多いバンビーニだが、集団になるとよく喋る。だから練習の合間の休みは笑顔が絶えない。それは疲れを癒す。

②同期現象

ランニングは単調である。それだけ走るリズムは大切であるが、ランナーが集団の中で走ると、相手を見るともなく見ているため自然に前の選手のリズムに引き込まれる。こうして個々のリズムが失われ、後続のこどもには坂道の下りを走るようなもので、通常より走る回転数は多くなってくる。

これは、同期現象というもので、例えば、2台の振り子時計を1枚の薄い板を挟んで背中合わせに吊るすと、何日かすると2つの時計の振り子の振れる方向が一致してくる。すなわち、同期現象が現れる。生物学では、蛍やコオロギを虫かごに入れると同時に発光したり鳴いたりする。集団に1,2名の速い選手がいれば同期現象が起きる。

③ペースの変化に対する対応力

集団の中で走ることは集団のペースが変化するたびに前走者にぶつからないようにしたり、追いつこうとしたり、スピードの調整をしなければならない。丁度高速道路が渋滞している時に加速や減速を繰り返すことによって走行効率が低下する状態である。レース中では避けるべきことだが、通常の練習に対して過負荷として選手を鍛えることになる。

④ライバルに勝つという意欲が強くなる

力がある者にはトップである自覚を持てといつも言ってある。そのためインターバルの最後の1本で後続の選手が抜こうものなら(逆に後続の選手には最後の1本くらいはトップの選手を抜こうとする意欲が必要だと、これもいつも言ってある)、集団の雰囲気は一変して順位争い・記録争いに転じる。すなわち、持ちタイムの差があるためこれまで不本意にも耐えてきた“共存”ムードが“競争”ムードに変る瞬間である。ここに新たな闘争エネルギーが生まれる。ラストスパートの練習にもなる。これが最後の1本だけではなく、徐々に競争本数が増えてくるようになる。練習が終われば親友だが練習ではライバルだ。バンビーニでは複数人がライバルとして交錯している。今はいい方向に進んでいると言える。

 

さて、74日の大会で試合期は終わった。明日からまたしばらく鍛練期に入るし、あと半年でシーズンも終わる。ステップアップでなくステージアップして終わるために、皆でもう少し頑張ろう。

同期現象.jpg集団バンビーニ.jpg

131回「命の恩人」(2021627日)

学童の散歩(4月より小学校内に移転したため、散歩といっても校庭に遊びに行くこと)の時、小学1年生の女の子が私のところに来た。

「イリ、何か胸のあたりがおかしいの」

「気持ち悪いの?」

「ううん」

「頭は痛くないのか?熱は?」手をH子の額に当てたが、熱はない。

「熱中症ではないようだが」

「違うの、胸がドキドキ言うの」

「えっ、・・・」

H子の様子が落ち着いてきたのに連れて、いたずら心が湧いてきた。

「H子、それもしかしたら恋かもしれないよ」

「こい?」

「ある人の前に立つと胸がドキドキするのは、その人に恋した証拠だよ」

「こい?」

「その人を大好きになることだよ」

「だって前にいるのはイリしかいないよ」

「おいおい、私には妻も子供もいる。君が大人になる頃には私はこの世にいないよ。やめておきなさい」

「???」

そばでこの話を聞いていたおばあさん先生が笑いながら

「この子は鉄棒で連続逆上がりをやって目を回しただけですよ。私達だったら心筋梗塞じゃないかと心配するけど、ねぇ入山さん(お願いだから何かに連れてあなたの世界に引きずり込まないで・・)」

 

以前「スケベ」と言ってきた小2のR男は性格が真面目で探究心もある。室内ではよく歴史の本や科学の本を読んでいる。校庭で遊んでいる際、アザミの花に触れたようだ。私のところに来て

「イリ、あの花のトゲには毒があるの?」

「ああ、あれはアザミと言って猛毒の植物だ。まさか触ったんじゃないだろうね」

「触った」

「そりゃ大変だ。血は出たか?」

「ううん、痛かっただけ。僕死んじゃうの?」

「うん、可能性は高い。腫れてこなければ命は助かるのだが。家族を呼ぼうか?」

「・・・イリ、何か腫れてきた気がする」

「どれどれ、わかんないな。君は体全体が腫れているからな」

ここまで来ると冗談もまったく通じなくなった。とぼとぼとベンチに向かって歩きはじめた。座ると同時に泣いているようだ。空を見上げたと思えばとげが刺さった足を見る。その動作を何度も行っている。思い残すことがたくさんあるのだろうか。もっといじりたかったが、ここまでかなと思い、ベンチに救急箱を持って行く。

「R男、君は運がいいよ、救急箱にマキロンというアザミの毒に効く特効薬があったよ」「特効薬?」

「ああ、毒消しの薬のことだよ。これを塗れば毒は消えていく。毒が心臓にいくまでに塗らなければならない、急ぐぞ」

病は気からとはよくいうもので、

「イリ、段々腫れが引いて来たよ」

「おお、効いてきたか。よかった、よかった」

「うん、僕今度の土曜日にお父さんにゲームのソフトを買ってもらう約束をしたんだ。そのゲームをやらないで死ぬのは嫌だから、治って良かった。イリは命の恩人だね」

涙の跡がある顔にはいつもの笑顔が戻った。

生死をさまよった散歩から帰り、宿題を終わらせて自由時間になったので、R男と積み木で城をつくる遊びになった。

「イリはやっちゃだめ。ここは僕が作るのだからイリは見張りをしてて」

「少しはやらせてよ」

「ダメ、イリはいい加減に作るから」

 

「おいおい、私は命の恩人じゃなかったの?」

ドキドキ.gifアザミ2.jpg

130回「ケツワレ」(2021620日)

陸上競技のケツ割れとは、400mや中距離競技で全力疾走した後に起こる尻から太もも裏の部位が痛む(筋肉が固まってしまう)症状だ。ひどい時は立てなくなる。日常生活にはない独特の違和感で、「ケツがいくつもに割れてしまうような痛み」と表現されることが語源だが、全力疾走しないと起きないのである。発生しても一過性なため、病院に行ったり治療をしたりする必要はない。5分もすれば元に戻る。

 ケツ割れが起こる原因は、短い間に全力を出し切ったことによって生じる疲労物質(乳酸)のせいだ。ケツ割れをする種目は、400m800m1500mなどの短中距離で、走っている時間が短い100mやペース配分を伴うマラソンなどではほとんど起こらない。

 ケツ割れをする場面は主にゴール直後だ。陸上選手はゴールするときには最大の力を発揮している訳だから、ゴール後力を緩めると同時に疲労物質が急速に増え、ケツ割れの激しい痛みとなる。ケツ割れは痛くて・苦しくて・二度と味わいたくないと感じるような辛いものである反面、自分が全力を出し切ったことを示す重要な証ともなる。

小学生は本能的に自分を究極まで追い込むことはしない。疲労がピークに達する前に自分を守る安全弁が作動してしまう。これは女性が「お腹の中にいる子を守るために体力を温存する」本能を持っているのと同じメカニズムだ。かよわいこども特有の本能で、非難しているのではない。小学生女子の1000mは「こども」と「女性」という2重の本能が重なりあい、安全弁が強固となりなかなか外せない。小学生のコーチの手腕は、どのようにしてその本能的安全弁を外すかということに尽きる。

埼玉陸協は強化指定制を布いて個人の記録の向上を狙っている。予選、準決勝があるわけではないので順位狙いは無用だ。「1周目飛出し2周目スピードを維持して残り200mをラストスパート」がバンビーニの1000m走の基本だ。

大会に出てくる選手でS指定を目指すこどもたちは記録的に拮抗している。これまでのような前半から中盤にかけた和やかな集団的雰囲気はもういい。前半から飛ばして集団のざわめき(位置に対する動き)を大きくする。600mで集団に飲みこまれたら次は800mまで持つ練習をこなせばよい。そして小学生最後の大会で誰も追いつけないようにすればいい。

最初のスピードについていけない子は取り残され、集団は最初から縦長型となって、離合集散を繰り返しながら、最後の第4コーナーを回る。そしてゴールするとお尻の筋肉が固まって立てなくなる。そう、それが「ケツワレ」というものだ。それを体験することによって、真の1000mランナーになったと言える。

 

 ケツワレ3.jpgケツワレ.jpg

129回「お尻ペンペン事件」(2021613日)

大会を控えて5,6年生は厳しい練習を繰り返している。一方で、土曜日の出張かけっこ教室、日曜日の基礎クラスには幼稚園児ないし小1のこどもらがいる。彼らが相手だと5,6年生らとは違った世界がある。

<仰向けになって>

変形スタートという練習は、体育座りから始めていろいろなスチュエイションからのスタート練習である。ある日、順調に練習が進んでいたが「仰向けになって」という段階で、言葉の問題にぶつかった。「コーチ、仰向けって?」「天井を見ることだ」と言ったら全員天井を見た。しかし、立ったまま見るとは思わなかった。まるでミーアキャッツのようだった。「床に寝て天井をみるということだよ」「初めからそう言ってよ、わかんないじゃない」「ごめんごめん」

<左からだよ>

柔軟体操で足を揃えた前屈柔軟は何とかなるが、足を広げてV字開脚での柔軟は「左から始めるよ」と言っても1割の人間は右から行う。その時は直っても「左足からだよ」と毎回言っている。

ケンケンでは3割のこどもが右から始める子がいる。私が言う左ケンケンは左足で地面を蹴ることだが、3割は左足を上げて右足で地面を蹴る。「お前ら俺の言うことを聞いてるのか」と怒ると「左ってどっちの足からよ?」と言われ、完全に頭に血が上っていたせいか思わず「お茶碗持つ方の足だ」と言ってしまった。こども達は「????」

<目で訴える>

「ダッシュを10本する」と言っても、小さい子は「言えば何本か減るかな」と思うようだ。男の子は条件闘争に持ち込もうとして、まずは「5本にしてくれ」と言ってくる。無視していると、「ダメなら7本で手を打つ」と言う。ちょっと待ってくれ、私には君らと妥協するような弱みはない。一方女の子はとにかくお願いの戦略。ぶりっ子、お世辞、支離滅裂な幸福論を出してくる。態度が悪い時にはペナルティで本数を増やすことがあるが、その際はふてくされのポーズ。「ぐちゃぐちゃ言うと本数がさらに増える」と言うと「それは困る」とばかり走り出す。それで練習をやめてしまったら、私は困ってしまうが、幸いこれまでふてくされて練習をやめた子はいない。

<お尻ペンペン事件>

 自分が一番でないと気が済まない子がいるのが低学年教室の問題だ。「僕の方が速い」と言った瞬間、相手が「僕の方がもっと速い」ということでケンカになる。お互い妥協することはない。そばにいる間は何とか抑えられるが、ダウンに行って来いと送り出したそのダウンの際に起こった「お尻ペンペン事件」は防ぎようがなかった。指導をしている際、全力走をしない子に「おまえ、一生懸命走らないとお尻ペンペンするぞ」と言った。その時は皆がゲラゲラ笑ったが、それをダウンの際ある子が蒸し返した。言われた方はコーチが言うなら仕方ないがなぜ自分より年下の幼稚園児に言われなきゃいけないのだと怒り出し「お前の方こそ僕より遅いのだからお尻ペンペンだ」と「お尻ペンペン」をダウンで走っている間20回余りも幼稚園児に浴びせたようだ。当然幼稚園児は泣きだし私のところに戻った際、事の次第を訴えたのだが、泣きながら言うものだから何言っているのかわからない。小学生にも異次元の言葉を浴びせるものだから、その勢いに押されて小学生も泣き出してしまった。たかがこどものケンカだ。これからも起こる。殴り合いにまでに至らなければギリギリまで放っておくようにしている。私のこどもの頃のガキ大将は仲間のケンカを怪我しないギリギリで止めていた。こどもの世界はガス抜きが必要なのかも知れない。翌週、2人は笑いながら仲良く練習していた。

ミーアキャッツ2.jpgお願い、ふてくされ.jpg

 

悪い子はおしりペンペン!.jpg

128回「イタキモチイイ」(202166日)

 子どもたちは、それがサッカーでも、バスケットボールでも、野球でも、「このスポーツがやりたいから」、「このスポーツが好きだから」という純粋な気持ちでチームに入ってくる。その子たちにとって、スポーツをする場所は「楽しい」時間であるべき場所なのである。それを壊しているのは、多くは大人の都合だ。陸上道を説くコーチや支配的指導方法をよしとするコーチが犯す誤りかもしれないし、私のように自由奔放にやらせる自由主義者が陥る欠点かもしれない。

アメリカと日本のスポーツ指導法に大きな違いがあるのは「楽しむ」という観点だ。英語では○○スポーツをすることはplay tennisplay baseball,というようにplay(遊ぶ)がつく。日本では「修行」とか「極める」という意味が漂う。

水泳では日本はバタ足から始める。「顔をつけてはい上げて・・・」と。日本は苦しさが伴う。アメリカでは背泳ぎから始め、顔をつけないで水に慣れさせ、それから浮く感覚を身に着けて楽しく泳がせる。

スキーでも日本はブーツを1人で履く練習をさせ、ゲレンデに出ればまずガリ股で斜面を登らせる。アメリカではブーツは大人が履かせ、少しスキーに慣れたらすぐにリフトに乗って上から徐々に滑り降りスキーの楽しみを体験させる。

このようにこどもにとってスポーツはまず楽しむことが大切だ。

 とここまで書くとバンビーニの口うるさいR子やS子は「言っていることとやっていることが違う」と口をとんがらせて詰め寄ってくるに違いない。しかし、大人の世界では本音と建て前というものがあるのだ。さらに私には屁理屈という武器がある。

 陸上競技の楽しみは「苦しさを快感に変える楽しみ」なのだ。君たちにわかりやすく言えば「痛気持ちいい」ということだ。例えば足裏のツボを刺激するマッサージなどは、激痛を伴うが身体のコリがほぐれていく快感が得られる。バンビーニに入ってくるこどもたちの多くは困ったこと、苦しいこと、辛いことなどを味わったことがない。だから、日曜日のひとときの間、苦しい目にあうことは、君たちにとって知らず知らずの内に1週間の楽しみとなっているのだ。バンビーニに来なければ苦しいことは何一つ体験することはないからだ。

 その代り陸上競技は神様からのご褒美がある。野球やサッカーは大会に出場する人数に制限があるので、試合に出られない選手が出る。その点、陸上競技は人数制限がない競技だ。小学生のうちは希望者は誰でもどの種目でも出れるのだ。つまり「いつも君たちはレギュラー」なのだ。また、柔道のように組んだ相手が優勝候補だったら1回戦敗退で早々とお弁当を食べるはめになる。組んで5秒で負ければ1年間の練習は何だったんだろうとの気持ちが起きてもおかしくない。だが、陸上はたとえ最下位であっても「自己ベスト」という基準がある。他人にはわからない自分なりの満足曲線があるのだ。

そういう点で君たちはplay athletics を堪能していると言っていいだろう。

 大会の中止があってもめげてはいけない。一発で強化指定記録をクリアする「本番に強い子」になるための機会を与えられたと思いなさい。また、前述のように「イタキモチイイ」とは足つぼを押されている時に味あう感覚なのだが、押されなければ(厳しい練習をしなければ)快感(ベスト記録)は得られないということを意味する。

 頑張れ!こどもたち!

日米の指導法.jpg足つぼマッサージ.png

127回「ババのいないババ抜き」(2021530日)

先日、運動会の振替で月曜日が休校、終日学童は開放された。春休みのように1日こども達と一緒だった。

学童の流れとして、1日の時はお腹休めと称し昼食後1時間DVDを見る。こども達の中では「トムジェリ」や「ドラえもん」が人気があるが、「シンデレラ」や「千と千尋の神隠し」も人気がある。多数決が原則なのだが主張の強い子もいる。皆は根負けして「千と千尋の神隠し」にするが、お腹休めはきっちり1時間で終わるのでいつも途中までだ。以前も1日開放の時にDVDを見たが、同じ手順で同じように「千と千尋の神隠し」に決まった。よって1時間経つと同じ画面で終わる。1日開放がたまになのでどこで終わったか覚えていないようだし、前に来なかったこどももいるからまた始めからDVDは始まる。私はもう何回も同じ画面(ハクが白龍となって千尋のところに来る場面)で終わるのを経験している。最近ではストレスになっている・・・・続きが見たい。しかし、私がここにいる間はこのDVDは終わりまで進むことはないようだ。

 オセロゲームをすると途中でこどもの形勢が不利になれば不正が起こる。2人でやっていると応援団が周りに集まってくる。途中、小1の男の子をトイレに連れて行って戻ると、白い石が増殖している。私の黒い石が少なくなっているのだ。周りの子に聞くと「いや、あっているんじゃない」「イリ、負けているよ。」「男らしくない言い訳するね」と相手の子に味方する。勘違いか、でもおかしいなと思いながらやっているうちに盛り返した。すると今度は「冷たいお茶下さい」という子が出て、一旦ゲームを止めてその子にお茶を出して戻った。「お待たせ、君の番だったね」と促した。相手の子は自分の石を黒い石として置いた。そして白い石を次々に黒い石にひっくり返していった。流れから、その後の私は白い石を置くことになった。普段の生活で時々健忘症が発症し自分の行動に自信のない私は、その時は言われるまま行ったが、何手か進むうちに気づき「おい、俺黒い石じゃなかった?」皆は「違うよ、イリは白い石だったよ」とニヤニヤ顔で答える。これじゃいつまでたっても勝てない。

 トランプをやると、「神経衰弱」では自分のめくった札をそのままにしておかず、私が札を脳に焼き付ける前にぐちゃぐちゃにする子がいる。私がめくった時はそのままなので、こどもはそろうことがたまにあるが、私は終わるまで「偶然の札めくり」が続き、いつも負ける。

「ババ抜き」の場合は、ババを持っている子はすぐわかる。違う札を引こうとすると強く握って引かせない。ババを中央に高くそびえさせて引かせようとする。他の子はそこまでひどくはないが、ババに触れるとニコッとする。他の札を引こうとすると顔がこわばる。だから答えはわかっているのだが、こども達の期待にも応えなければいけない・・・その結果「イリは弱いね」といつも言われ続けることになる。

M子がババ抜きをしようと友達をつれて私のところに来た。3人でやっていたが、終盤になって気づいた。「ねえ、おかしくない?」3人ともカードを2枚ずつ持っている。「いやおかしくないよ」と配ったM子が言う。じゃあ、最後までやってみようとやってみると全員のカードが2枚ずつ揃った。つまりババがいない。「M子、なんでババを入れないの?」「だって、私、ババ嫌いなんだもん」 

千と千尋.jpgオセロの無料イラスト.png

ババ抜き.jpg

 

 

126回「スプーン一杯の幸せ」(2021523日)

埼玉陸協で強化指定の標準記録が改訂となった。来年ならまだしも今年からなので、現場は混乱している。バンビーニは、HPにも謳っているのだが、強化指定選手になることを最終目的にしている。しかし、現実は中学受験などで5年生後半になると辞めていく子がいたり、大会とか記録にまったく興味を持たない子も入ってくる。経営的にはお客様のご意向に従うが、個人的にはこどもを強くしたいと願っている。

今度の改訂は女子1000mが少しだけ標準記録を下げて貰っており、女子の長距離にとって320秒を切らずに済むことは「スプーン一杯の幸せ」である。しかし、男子にとっては「スコップ一杯の不幸」となっている。

目標にあと少しまできてシーズンを迎えたので、選手ともども「えっ」と言った感じである。ただ、これはいつか来る日が来ただけであって、強化委員会の狙いは理解できる。結論は「対応しなければならない」のだ。

筑波山(877m)登山から赤城山(1828m)登山になったのだから、装備と登山計画を急きょ変更しなければならない。問題は時間だ。今シーズンで新標準タイムを切ることは、選手にとって目標タイムの大幅なアップを迫られることになる。男子1000mであと6秒でクリアと思っていた選手は12秒先まで引き上げられたのだから、選手によってはステップアップではなくステージアップとなった。神様は乗り越えられない試練は与えないと言われているが、自分だけが「スコップ一杯の不幸」を掘り起こしていると感じる子も出てきた。

 だが、晩年になって人生にはこういうことはよくあることに気づく。だからカール・ブッセが「山のあなた」の詩をつくり、多くの人たちがそれに共鳴するのだ。

『山のあなたの 空遠く

幸い住むと 人のいふ

噫われひとと 尋(と)めゆきて

涙さしぐみ かへりきぬ

山のあなたに なほ遠く

幸い住むと 人のいふ』

 口語体で書くと

「幸せってどこにあるの?」

「ずっと遠くの山の向こうよ」

「友だちと行ったよ。でもなんにもなかった」

「あんな高い山まで登れたの?すごいわね」

「だって、“幸せ”があるって言ったから」

「あの山のもっと向こうにあるのね。あなたがもっと大きくなったらきっと見つかるわ」

 目標としていた標準記録は山の向うに行ってしまったが、またそばまで一緒に出掛けよう。そして今度こそ君の「幸せ」を見つけよう。今後も「なほ遠く」に行ってしまうことがあるかもしれない。それでも落ち込むのはやめよう。君たちは「幸せ」があることはわかっている。問題は、いかに幸せのある所までに行く「体力と気力」を鍛えるか、ということに尽きる。

 周りをよく見てごらん。多くの友達は、「幸せ」が何であるかもわからないし、どこをさがせばいいかもわからないのだ。

スプーン イラスト.jpgスコップ2.jpg

 

山登り3.png

125回「言い訳」(2021516日)

55日に新座市で記録会があった。ベスト記録を狙って参加したが、結果はあえなく全員討ち死に。その日は強風が吹き荒れていた。

長距離(1000m)のアップ前のミーティングでは「今日は風が強く(58/s)、記録は狙えない、よって勝癖をつけるためいつもと違って後方待機だ。ラスト200mないし120mでラストスパートをかけライバルに勝つ」とアドバイスした。

しかし、結果は実力者3人に最初から離されラストスパートもかけられないくらいの差となった。レース後のミーティングで「なんで、最初からあんなに離されたの?あれだけ離されたらラストスパートなんか効きやしないじゃないか」と選手に聞いた。

「だって、風が強かったから」「昨日野球の大会があって疲れてたから足が思うように動かなかった」若いころだったら、こども達の発言は言い訳に聞こえたはずだ。

 これはアップ前のアドバスが私の意図と彼らの受け取った意味が違っていたことによるものと思われる。

私は「今日は風が強く(58/s)、記録は狙えない。よって勝癖をつけるためいつもと違って後方待機だ。ラスト200mないしは120mでラストスパートをかけライバルに勝つ」と言ったつもりだが、

こども達は「今日は風が強く(58/s)、記録は狙えない。よって勝癖をつけるためいつもと違って後方待機だ。ラスト200mないしは120mでラストスパートをかけライバルに勝つ」と捉えた。このように私とこども達の間で同じ話でもアクセントの箇所が異なっていた。

 こどもが言い訳をする場合は多々あるが、大きく4つのパターンがあると思う。

一つは、自分が悪い割合を軽くしようという狙いがある。「悪いことはしたけれど、それは “誰か” あるいは “何か” のせいでもある。自分だけが悪いのではない」という人間の本能的な心理が働く。いわゆる自己防衛だ。

二つ目は、日ごろから周囲の大人に「いい子」と褒められている子どもは、「いい子でなければ、親や先生に認められない」といった不安を抱えている。そのため、叱られたり注意されたりする状況に直面すると、とっさに人のせいにしてしまう。

三つ目は、自分の可能性を残しておきたいからだ。

状況を限定的にすることで『本当はできる』という可能性を残しておきたいという意味がある。

たとえば、「時間がなかったからできなかった」は「時間があればできたのに」という可能性を、「風が吹いていたから」は「風がなければ記録は出たのに」という意味を含ませている。

コーチや親にがっかりされないように、自分への期待を持ち続けてもらえるように、子どもなりに考えた答えなのだ。

 四つ目は聞かれたから答えたという単純な理由だ。

コーチや親が発する「なんで○○なの!」という言葉は、彼らにとっていわゆる “質問”なのだ。「なんで」と聞かれているから、「だって(その理由は)……」と答える。子どもは単純に理由を述べているに過ぎないのだ。問題は、それを大人が言い訳と捉えているパターンが非常に多いということだ。そうなのだ。55日もレース後こども達は目を伏せ反省していたのだ。それを私が「なぜ」と聞いたから答えただけなのだ。

 さて、みなさん、ここでお気づきでしょうか。この文章そのものが私の「言い訳」であることを。

 

反省犬4.jpg黒幕.jpg

 

 

124回「いいわね、最近の若い子は」(202159日)

「ねえ、最近の若い子は元気があっていいわね」「そうよ、私たちもあの子らに負けないようにしないとね」「若い子って、元気があるけど落ち着きがないのよね。私たちがあの子らと同じ頃あんなのだったのかな、いやね。」「でも半年もするとしっかりするものよ」「そうだね」

これはおばさんの会話ではない、小学2年生の女子の会話である。そばで聞いていた私は思わず顔を見てしまった。T子とU子はあまり騒ぐこどもではない。学年が上の子に言われれば反論せず従ってきた。その子らが今年入ってきた1年生の騒々しさに思わず発した言葉である。

 1年生のK男はすぐ学童の「言ったもん勝ち」という雰囲気を会得したようで、うるさいなと感じ始めマネージャーが注意する動きを見せると、真っ先に「静かにするよ!」と大声で発言。入学して1ヶ月、すでに先輩たちがマネージャーからほめられるのを見て真似している。ただ、個人的にはこの発言をほめることはあまり賛成できない。まず、自分がうるさくても「静かにするよ」と言えば形勢が逆転し、何かいつも自分は静かで義憤に駆られて発言したように感じるが現実は異なる。「○○、静かにして」と言えば○○が悪い子、自分は良い子になってしまう。SNSで発言者は匿名だが言われた方がフェイクニュースの被害者になるのと同じように思える。

 「M子、315分になったから宿題やめて、手を洗っておやつの準備をするよ」と1年生のK男が4年生の女子に言ったものだから、さあ大変。「そんなことわかっているわよ。私は3年間ここに通っているのよ。昨日今日入ったあんたに言われたくないわよ!」「でもルールだから」「わかっていると言っているでしょう!!」一番うるさい世話好きのM子を怒らしたので、こちらはヒヤヒヤだ。大人の世界ならM子に遠慮し誰もK男に声をかける者がいなくなる。でもK男はめげない。翌日もその次の日もバトルを続けていた。結局M子が根負けした。いっさいK男に反論しなくなった。

 K男は問題児だが悪い子ではない。最年長の男子にも遠慮がない。また屈託もないので自分がケンカをふっかけているということがわからず、最年長男子とのバトルから5分もしない内に一緒に遊ぼうとする。意地でも遊ばないと思ったA男もM子と同じように根負けした。K男はダンプに突っ込んでいく自転車のようなものだが、おじいさんの運転のようにチリンチリンとうるさいほどベルを鳴らせばダンプも避けるようだ。

 このようなこどもなので我々もK男に注意が行きがちだ。今年2年生のY男が1年の時2年のS男にいじめられたが、その際我々は全面的にY男を守った。母1人子1人で他にも事情があったので守らざるを得なかった。S男も1年生の時は超情緒不安定であったので皆から守ったのだが、Y男が入って来て以来S男に手が回らなかったせいで辞めてしまった。かわいそうなことをした。

 今年はY男に手が回らないだろう。Y男もきっと覚悟しているのだろうか、あれほどからみついてきたのに今は読書している。K男が早帰りでいなくなると本を急いでしまい私のところに駆け寄ってくる。「イリ、遊ぼう!」この時だけおじいちゃんと孫の関係になる。

 

おばちゃんの会話.pngおじいちゃんと孫2.png

123回「幸福の黄色いTシャツ」(202152日)

バンビーニ陸上クラブを作った時、こどもたちはわずか3人だった。こども達が着る黄色いTシャツが競技場を跳ねまわっているのをいつの日か見たいね、と妻と話をしたことがあった。

 小1から出場できる大会は少ないが、越谷市陸協は小学生の育成に積極的だ。51日の大会が開催されることになってこどもたちと喜んだ。大会は冬の厳しい練習でどれだけ伸びたか結果が出るところだ。その結果はすべて私の責任だ。だから、私の臆病で弱虫の性格が競技場に入ることを躊躇させた。これまで一緒に練習してきたこども達への思いを考えると結果を見るのが怖い。人生では私の予想や期待は裏切られることが多かった。だから、結果を見るのに直前まで目をつぶり恐る恐る片目を開けそして薄目で見て、もう一つの目を開けずに帰ることが多かった。織田信長なら目をカッと見開いて戦を見るだろう、秀吉なら皆に声をあげさせニコニコして見るだろうし、家康ならどっしり構えて選手に圧力をかけることだろう。

その点、家内の方が度胸がある、ためらう私を競技場に押し入れた。「大会を見ないで今後こどもたちを指導できるの?」そこには先ほどまで一緒にアップをしていたこどもたちがいた。目立つ黄色いTシャツは善きにしろ悪しきにしろすぐわかる。D男がボールのように跳ねていた。練習では何度も怒られていたK子も、顔がすぐ上がるT男もベストだった。練習と大会では別人のようだ。こどもたちはやる時はやるんだ、彼らを信じてよかったと思う。練習の方法は間違っていなかったようだ。今日1日怒らなかった、いや怒れなかった。

 黄色いTシャツの躍動を目の当たりに見た私は、帰りの車の中、住宅地と畑の間にあった農家の鯉のぼりが目に入った。その瞬間、以前見た「幸福の黄色いハンカチ」のラストシーンがフラッシュバックした。

 高倉健扮する勇作はある日ケンカで人を殺めてしまう。刑務所で妻光枝に離婚を提案していた勇作は刑期を終え、「まだ一人暮らしで、俺を待っていてくれるのなら、鯉のぼりの竿に黄色いハンカチを吊るしてほしい、もし何も無かったら黙ってその場を去る」と書いた手紙を送ったことを旅の途中で知り合った鉄也と朱美に話す。それを聞いた2人は夕張に同行することにした。夕張に近づいて来ると、勇作が動揺し「やっぱり引き返そう」「どう考えたってあいつが一人でいるはずがない」「誰かと一緒になっているよ」と臆病になる勇作は、引き返すことを要求し一度はそうするが、朱美の「万一ということがあるでしょ、万一待っていたらどうするの?」という説得に応えて翻意し、再び夕張に向かう。

車が夕張の町に入ると、勇作が「自分では、ハンカチを確かめる勇気がない」と告げる。欽也と朱美が車から出て家を探すがなかなか家が見つからない。不安になっていると、欽也が声をあげた。欽也の指差す先にたくさんの黄色いハンカチが風にたなびいていた。力強く勇作の背中を押し出す二人。妻光枝との再会に、言葉は要らなかった。二人は見つめ合い、そして仲良く家の中に消えて行った。

 頭の中で鯉のぼりと黄色いTシャツが重なり合い「幸福の黄色いハンカチ」として思い起こされたのだ。黄色いTシャツを着たこどもたちが記録を出すことを信じ、練習してきてよかったと思う。人間ホッとしたらうれしくなるものだ。

 ラストシーンの勇作の気持ちとシンクロされる時が来ようとは、映画を見た時には夢にも思わなかった。

51TP3TDZFNL._AC_SY445_.jpg100m.jpg

122回「すけべ」(2021425日)

言葉はスチュエーションが変わると意味の取り方が大きく変わる。「馬鹿」という言葉も相手に「バカ」ととらえられれば、軽く怒った場合、注意した時などのワードとして有効である。「馬鹿野郎!」ではケンカになるが「ば~か♪」とか「おばかさん」では恋人同士の会話になる。また、地域によっては同じ言葉でも捉え方が違う。関西では「馬鹿」が、関東では「アホ」が地元の人間には侮辱的ワードとしてとらえられる。

関東では時間によって「おはよう」なのか「こんにちは」なのか、「こんにちは」なのか「こんばんは」なのか悩むが、関西では非常な便利な言葉がある。「まいど」というワードである。いついかなる時でも使用可、タイガーバームのような万能薬だ。一度会って時間がそれほど経ってない間に再び逢った時などはどんな声をかけたらいいか迷う時があるが、関西では何回逢っても「まいど」で済む。関東では「ごめんなさい」は深刻な意味がついてまわるが、「すんまへん」は自分としてはなにも間違ったことはしていなが、気まずいよりはいいかということで「すんまへん」である。関東人の「すんまへん」は関西の人は気を付けた方がいい。

学童の自由時間の時、R男と遊ぶ約束をしていた。この男の子は心の底から笑う。腹の筋肉が震えているし、時には目から涙が出ている。演技であんな笑いが出来るとは思えない。笑うきっかけの多くは私が失敗した時だ。大人はミスをしないと思っているらしく、お手玉やけん玉で失敗すればゲラゲラだ。なぞなぞで私が答えられないものなら、人類史上最低の人間と思うらしく、笑い声が震えている。

 この日はR男が野球盤をしようと言ってきた。準備にもたもたしていたので、小1の女の子と先に神経衰弱をやることにした。R男の準備が整った。「イリ、やろうよ」「ダメ、まだ途中だから」冷たくあしらった。彼は私と女の子の周りをゆっくりとまわり始め、催促しているようだった。しかし、かまわず女の子と興じていたら、しびれを切らしたのか、私に近づくなり耳元で小さな声で「す・け・べ」と言ってきた。彼が私のそばに来るのは催促であることはわかっていたが、まさか「すけべ」と言われるとは。3月までは1年生だったのに。

昔なら教師に「すけべ」などと言ったらその場で殴られていた。先生たちの野球大会で担任が大きな当たりを打った。「○○先生、いいぞ!給料もボールと同じようにどんどん上がるぞ。・・・・ああ、下がっちゃた」とセンターフライになった時にヤジをとばしたら、1時間後職員室に呼ばれて殴られた。

 しかし、その言葉は長らく言われていなかったせいか、私には新鮮に聞こえた。野球盤は1人ではできないので私がいないと遊べない。イライラしていたのはわかる。それをあの言葉一言で、抗議し催促してきたのだ。タイミングといい音量といい、声質といいドンピシャで、私の心に響いた。苦笑いするしかなかった。言葉はやはり言霊(ことだま)だ。どんな言葉にも精霊は宿る。すぐに神経衰弱を終わらし、彼と野球盤をしたことは言うまでもない。

ああ、また聞きたいなぁ、何か幸せな気分になるあのまろやかな言葉・・・「すけべ」

 

 バカ、アホ.jpg内緒話.jpeg

 

121回「こどもの目線」(2021418日)

こどもとつきあう時には、大人とこどもの観点は異なることを肝に命じなければならない。大人では常識であってもこどもの世界では通じないことがある。また、大人ならうまくあしらえることもこどもの時はどうしていいかわからないことがある。

 学童のY男は思ったことを口に出すので女の子に嫌われている。鼻血を出した女の子に「なんで、なんで鼻血が出たの?教えて」としつこく、女の子が答えに窮していると「T子ちゃんね、鼻くそほじくって鼻血が出たんだって」と皆に聞こえるように言い、女の子は恥ずかしそうにしていた。「好きなんだろうがちょっかい出し過ぎだ。もう少し工夫できないか。今は対等であっても、顔立ちのいいT子には10年後口もきいてもらえないよ。大人の私が言うのだから間違いない。『恋に焦がれて泣く蝉よりも泣かぬ蛍が身を焦がす』という都々逸の意味が10年後わかる」と、ふと思った。

 バンビーニに入ってくる子のなかには不思議だが全力走が出来ない子がいる。練習量が多いので力の配分を考えているのかなと思っていたが、タイムを計っても全力疾走しない。いや、全力疾走できないのだ。大人にとっての常識が通じない一つの例だ。全力疾走させるのに1年半かかった。「犬に追っかけさせれば全力疾走させるのは簡単なのですが・・・」と保護者に話をしたことがある。長距離になればさらに該当者は増える。低学年は体力温存の防御システムが働く。賢い子は疲れた顔もつくることができる。この防護システムは強靭だ。だから、我々コーチはこの防御システムの破壊に日々余念がない。

 100mのタイムトライアルをしているとどうも人のコースに入ってくる子がいる。スターターを保護者にお願いしてゴールでタイムを計っているとおかしなことにゴールすると1レーンに2人いる場合がある。直線コースで何で2人になるんだと怒る。他人のレーンに入った子を叱ったのだが「僕は間違っていない。J君が僕の前に入ってきた」と主張する。2度目も同じように走ったので、検証をしてみた。

 驚いたことにH男の走りは決して間違いではなかった。我々大人がこのコースだと「破線が入った直線」と簡単に考え、かつ直線は疑いもない景観として見える。バンビーニではスタートして20mは下を向いて走れといってあるので、彼は忠実に実行していた。だがH男には実線しか見えないのだ。だから「なぜ僕が悪い」といわれて納得した。「指導方法が悪い」のだ。

 コーチはこどもの目線に立たないといけない。小さい子に対して上から物を言うことはそもそも目線が違う話なのだ。景観が違うのだから理解も異なる。我々コーチはひざまずきこどもの目線で説明しなければならない。そうでなければこどもにものを教えることはできない。

蝉と蛍.jpgこどもの目線.jpg

120回「ねずみの恩返し」(2021411日)

学童では新1年生が入ってきた。しかも18人なので、この学童の主流派を占めた(40%)。学童は41日から学校内の施設に移転し、廊下から入れないようにして運営されるようになった。思い起こせば、ここに移転できたのはあいつのおかげだ。

 昨年の秋、学童に小ネズミが出た。大きな広間と小さな広間の2つしかない施設だ。食べ物と言えばおやつのお菓子しかないが、これまでネズミの被害が出たことはなかったし、フンも見たことがなかった。あるお母さんがお迎えに来た際にチョロチョロと出てきた。こども達が悲鳴を上げる中、小ネズミは行っちゃ止まり、行っちゃ止まりで、ぜんまいネズミのような動きで逃げた。

こども達と女先生たちの目線はすべて私に集まり、「あんたが何とかしなさいよ」との空気が漂った。「そうだよな、ここは俺しかいないんだよな・・・」仕方ないので棒で叩くか虫取り網で獲るかの選択だったが、棒だと血が出るといけないので、虫取り網に決めたが、夏も過ぎ押入れの奥の方にしまってあり時間がかかりそうだったので、ビニール袋で生捕ることにした。しかし、実際はビニール袋では動いているネズミを捕まえるのは無理で、外に逃げれば、それはそれでいいわけができたのに、あろうことか台所に逃げた。ところが今日に限って切れ端を集めた大きな袋が2個置いてあり、行き止まりになっていた。小ネズミのせいか2つの袋の間に頭を突っ込み動かなくなった。そこで持っていた袋をかぶせ生け捕りにしたが、噛まれると感染症にかかると思い慎重に行った。親父はかつてネズミは尻尾を持つと観念して動かなくなると言っていたが、嫌な予感がして尻尾を持つのは避けた。後日親父に尻尾を持ったら動かなくなる動物は何だっけと話を向けたら、「蛇」は尻尾を持つと観念して動かなくなると言い出した。ネズミの尻尾を持たなくてよかった。

 袋の中でもがいていたが、念のためもう一枚袋をかぶして二重にした。生ごみの日が翌日だったので、そのままゴミ収集場に持っていこうとしたら、こども達から拍手と「入山先生ありがとう」「ネズミを捕ってくれてありがとう」とのシュープレヒコール。女先生たちには「男手はやはり必要だね。うちの用心棒だね」とおだてられた。人生で唯一ヒーローになった瞬間であった。

 ネズミは小ネズミであったので殺すに忍び難く、ビニール袋を二重にしただけでゴミ収集場に置いた。「袋を噛み切ることは容易だ。噛み切ったらどこかに逃げろ。明日の9時までに噛み切れば逃げられる。逃げられなければゴミ収集車に入れられ殺されてしまう。しかも、早く脱出しないと袋を二重にしているので、空気もなくなる。後はお前の運次第、いや努力次第だ」と言い残して学童に戻った。

 その後ネズミの出る施設ではマズイと理事長が施設の移転を考え始め、内部では移転が決まった。学校の近くにいい物件があったようだ。そんな時に学校から教室を貸すから来ないかとの話が起こった。学童を希望する家庭が多くなったので管理上学校内のがいいと校長が判断したようだ。教育委員会もゴーサインを出し、入札の結果、うちの学童に決まった。

あいつはどこかで生きている。これがきっと「ねずみの恩返し」なのだ。小ネズミが出なければ移転を考えなかったし、入札の際、新施設のアピールもなく、決め手不足となり、他の大手学童クラブに仕事を取られたかもしれない。

おかげで「チョロチョロこども」を相手に、学校内の綺麗な施設で私は今勤務している。

本.jpgゴミ収集車.jpeg学童2.png

 

119回「お地蔵さまがしゃべった」(202144日)

 

むかし、むかし、ひと里離れた山の奥におじいさんとおばあさんが住んでいました。

おじいさんは毎日お地蔵さまにお水をやり、家内安全、村のこども達の無事をお願いしていました。でも、お地蔵さまは一言もお話になりません。

寒い日も暑い日も毎日通っていました。田んぼの世話がない時はイグサで編んだ笠を売って生活していました。

年も迫った大晦日、おじいさんは雪の中を笠を売りに町に出かけますが、ひとつも売れませんでした。おじいさんは吹雪になりそうな気配がしたので、笠を売ることをあきらめ家に帰ることにしました。

吹雪の中の帰り道、お地蔵様は真っ白に雪をかぶって、なんとも寒そうです。

「これはこれは、お地蔵様。こんなに雪をかぶってさぞ寒いでしょう。この笠をかぶってください。」

そういって、おじいさんは、売るはずだった笠をお地蔵様の頭にかけてあげました。

ところが6体ある最後のお地蔵様の分がひとつ足りませんでした。そこでおじいさんは自分のかぶっていた手ぬぐいをかぶせてあげました。

おじいさんはおばあさんにこの話をすると、おばあさんはとても喜び、

「おじいさん、いいことをしたね。」

その晩のこと、ズシン、ズシンという音が遠くから聞こえてきました。

おじいさんとおばあさんはそっと外をのぞいてみました。

すると、雪の中を、笠をかぶったお地蔵様が重そうな荷物を引っぱりながら歩いてきます。

一番後ろのお地蔵様はおじいさんの手ぬぐいをかぶっていました。

「親切なおじいさんの家はどこかいな。笠をかけてくれてありがたい。親切なおじいさんの家はどこかいな。笠をかけてくれてありがたい。」お地蔵さまがしゃべりました。6体のお地蔵さまが一緒になってしゃべりました。その騒がしい事、まるでこどもたちの遠足のようです。

声はだんだんと大きくなって、おじいさんの家の前まで来ると、田舎の子が初めて東京スカイツリーを見たように「ここじゃ、ここじゃ」と歓声を上げ、お地蔵様は大きな荷物をおき、また雪の中へ帰っていきました。

おじいさんとおばあさんは、お地蔵さまがいなくなると家の戸をあけてみました。そこには、米俵が六つ置いてありました。

こうして、二人は楽しいお正月をむかえることができました。

 329日から42日まで通い合宿をした。お弁当を一緒に食べた。いつもは練習内容を説明してもまるでお地蔵さまに話しかけているようで、一言もしゃべらない子が多い。本人から電話がかかって来ても誰だかわからない子が少なくとも6人はいる。声の印象がないのだ。ある子はいつもお父さんの後ろに隠れてしまうので、お父さんと話をするだけ。もちろん、練習はきちんとこなすので成長はしているのだが、私は嫌われている、練習の内容からして、さもありなんと思っていた。

それがこの合宿で何がきっかけなのかわからないが、ついに食いついてきた。サンジャゴが釣り上げたカジキより強い引きだった。1人食いついたことによって他の女の子も輪をかけて食いついた。まあ、そのうるさいことうるさいこと。私の家は男の子だけで女の子はいなかったが、きっと女の子だけの家庭はさぞ騒々しいだろうと思う。

でも、おしゃべりは周りを明るくし夢と希望をもてるような雰囲気となる。喋らないと本来と異なる性格像が私の中に形成されてしまう。それは避けたい。

バンビーニのお地蔵さまへ

 「米俵はいらないが、賞状とメダルをたくさん見せてほしい。そして、その感想をピーチクパーチクかしましいほどに聞かせてほしい」合掌

笠地蔵2.png話すお地蔵様.jpg

118回「老人と海」(2021328日)

「老人と海」と書くと誰もがヘミングウエーの「老人と海(うみ)」を思い浮かべるであろう。

あらすじはこうだ。

キューバに住む老人サンチャゴは、漁師である。助手の少年と小さな帆かけ舟でメキシコ湾の沖に出て、一本釣りで大型魚を獲って暮らしを立てている。あるとき数ヶ月にわたり一匹も釣れない不漁が続き、両親から見切られ、少年は別の船に乗ることを命じられる。

ある日、助手なしの一人で沖に出た老人の針に、巨大なカジキが食いついた。

老人は魚のかかった糸を素手で操り、獲物が弱るのを忍耐強く待ちながら、昔船員だった若い頃にアフリカの岸辺で見たライオンの群れのこと、力自慢の黒人と演じた一晩がかりの腕相撲勝負のことなど、過ぎた昔のことをとりとめもなく思い出す。

3日にわたる孤独な死闘ののち、老人はカジキを仕留めるが、獲物が大きすぎて舟に引き上げられず、横に縛りつけて港へ戻ることにした。しかし、傷ついた魚から流れる血の臭いにつられ、老人の舟はアオザメの群れに追跡される。

舟に結びつけたカジキを執拗に襲い、肉を食いちぎるサメの群れと、老人は必死に闘う。しかし鮫がカジキに食いつき、老人が鮫を突き殺すたび、新しく流れだす血がより多くの鮫を惹きつけ、カジキの体は次第に喰いちぎられていく。望みのない戦いを繰り返しながら老人は考える。人間は殺されることはある、しかし、敗北するようにはできていないのだと。

ようやく漁港にたどりついたとき、仕留めたカジキは鮫に食い尽くされ、巨大な骸骨になっていた。港に帰ってきた老人の舟と横のカジキの残骸を見た助手の少年が、老人の粗末な小屋にやってきた時、老人は古新聞を敷いたベッドで眠っていた。老人はライオンの夢を見ていた。

 サンチャゴがカジキと出会ったのは、数か月も魚が獲れないという「漁師としての名誉」をとりもどすチャンスだった。しかし、捕まえたカジキは港に戻る途中、鮫に食べられてしまった。それは人生の残酷さを象徴しているかのようだった。少年は彼から教えてもらった技術や経験を活かして、漁師として成長している。老人はすべてを失ってしまったが、少年に技術と希望を伝えることはできた。下の世代に価値あることを伝えられたことで、老人の人生は報われたのかもしれない。

 バンビーニ陸上クラブには優秀な選手がいる。少なくともその能力を持った子はたくさんいる。この子らの真摯な態度、向上心に出逢い、自分の生きているうちに彼らを強くしたいと思うようになった。例えば、5年生の男の子で「得田 海(かい)」と言う子がいる。長距離は苦手だが短距離では綺麗なフォームで走る。体格もしっかりしている。この子が6年になった時うちのエースになれるかもしれないと考えるとワクワクする。女子にも「海詩」という児童(初めての子は「うた」と読めず、必ず「かいし?」というので、あだなは「海(かい)」となっている)が練習をしている。跳びぬけた力を持つ同級生や埼玉県1位の先輩らにもまれるとさらに飛躍できる。

 このようなこどもたちに囲まれている自分は、彼らが記録を更新するたびに「ライオンの夢」を見るだろう。だから、2人が「やった!」と言う結果を出した時、その委細を書く小欄の表題は「老人と海(かい)」と決めている。

老人と海.jpg老人と海2.jpg

117回「ちびっこギャング」(2021321日)

学童で決闘ごっこという遊びがある。ファイテイングポーズをとって好きなように戦っていい。Dという男の子が盛んに私を煽ってくる。「よし、やろう」と立ち上がるが、彼の目線がどうも低い。背の低い小2だから仕方ないと思っていたが、彼は最初から私の股間を狙っている。低い上に低い箇所を狙ってくるから防御がしづらい。また、江戸時代の敵討ちではないが、助太刀が多く現れ、彼らは背後からお尻の穴を狙ってくる。浣腸と称してやるのは私のこどものころからの遊びだから慣れている。しかし、こどもの指は細いためジーパンの時は問題ないが、ジャージの時は危ない。生地が軟らかいのでまさにヒットすれば大変なことになる。こどもはそんなこと何も考えないから「危険な遊び」となる。こどもの遊びは流行があるので、早くすたれてほしいと祈っている。

オニゴとは鬼ごっこの略である。しかし、この遊びも危険で、遊び時間中ずっと私が鬼になる可能性が高い。

皆で足を出して「リングリング、月火水木金土日曜日(に、ち、よ、う、び)」とリーダーの指先が日「び」で止まった人から抜けるわけだが、私の3つ手前から速度が遅くなったり早くなったり、調整して私にならないようにしている。「おい、いま俺の前で足踏みしただろう。ずるい」と怒るが「いや、してないよ」ととぼけ「ねえ皆、してないようね」と他のこどもに同意を求めると、全員「してないよ」と答える。結局私が鬼になる。

鬼になって捕まえようとすると、H男は「いま休憩しようと思ってたのよ」と水筒の水を飲む。学童では水分を取ることを第一に指導しているが、3度同じ手を使ったので、「わかった、じゃ俺のいる前で飲んでみろ。見てるから」もう無理やり飲んでいるのがわかる。口元から水がじゃあじゃあこぼれている。

ずる賢いY子は捕まる瞬間「バリアー」と言う。バリアーというとバーチャル防御壁が完成し捕まえることができない。理屈っぽいT男は「ちょっと待ってよ。あのね、僕はね・・・」と延々わけのわからない鬼ごっこの持論を語り始め面倒くさいのでパス。S男は気があっちこっち散るので「僕、オニゴやめたよ。ドッヂボールにいくよ」といってドッヂに行きしばらくしてまた戻る。M男は捕まりそうになると「ねえ、なんで僕ばっかり狙うの。そんなのずるい」といって切れる。こいつも面倒くさいのでパスすると、10秒もしないうちにお尻ぺんぺんして煽ってくる。

鬼返しなしだよといってある。捕まった子はすぐ直前の鬼(ほとんど私)をタッチしてはいけない。ところが捕まると瞬時に新手の仲間が現れ、わざとタッチされに行く。そしてすぐさま私を捕まえる。これは鬼返しにならないと彼らは主張する。

こうして公園や学校での鬼ごっこがほぼ最初から最後まで私の鬼で終わる。息が切れるし、アキレス腱を切らないよう気を遣い、こどもがぶつからないよう速度を加減するなどなど、肉体的にも精神的も辛い遊びとなる。

両方ともこども達のやりたい放題。まるで禁酒法時代のアメリカのギャングと同じだ。何度怒られても、しつこくつきまとう彼らを「ちびっこギャング」と私は呼んでいる。

危険注意.jpgchibikko_gang.png

 

 

116回「子泣き爺」(2021315日)

高校生の頃から女性に「あんたは重いのよ」と言われた。メールなどない時代だったからよく手紙を書いた。投函すると数日後は家のポストが気になる。返信が来ればさらにまた書く。段々枚数が多くなり便箋が1回10枚以上になった。尽くしたがりで彼女を迎えに行ってあげたり喜ばせるための労力を惜しまなかった。何を言われても「だって好きなんだもん」これが男女関係の機微を知らない私の主張だった。だからつきあってしばらくすると「あんたは段々重くなっていくんだよ」と言われた。だんだん重くなるなんて、俺は『子泣き爺』か。

友達が入院した時、皆で病院に見舞いに行った。その時私は彼に「頑張れ」と言った。病院を出てから「病人に頑張れは言ってはいけない言葉だ。彼は十分頑張っているのだから」とお見舞い行った全員に非難された。「でも、頑張れとしか言いようがない」相手を本気で想ってのことなのだから、気持ちを込めて「頑張れ」と応援の言葉をかけても良いのではないかと心の中で叫んだ。でも、その場の険悪な雰囲気を収めるためには「ごめんなさい」と言わざるを得なかった。

だが、今でも「頑張れ」という言葉以外は浮かばない。私も私なりに頑張って生きているのだから「お前も頑張れ。そして生きろ。生きていれば何とかなる。家族も俺もお前の墓ではなく直接お前と話をしたいのだ。今頑張っているのだろうが、もっと頑張れ。どんな困難にも打ち勝てる気構えを持て。365日弱気なことを考えても何も起こらない。1日でも前向きに考えることが大事だ」と。

バンビーニでも才能のある児童にはその種を開花させるため水をかけ肥料をあげている。お世話しているうちに喜怒哀楽の感情は出る。自信のない子には褒め、自惚れた子はけなす。自分の気を注入したせいかそれなりに力はついてきたと思っていた。ところがある時中学進学を機に他の大手クラブに移動したいと数人の保護者が言ってきた。中学校3年間の計画が出来た日だったのでその衝撃は大きかった。家をやっとの思いで建てた日に離婚してくれと言われたようなものだ。しかし、よく考えてみれば大手クラブは事務能力も礼儀作法も徹底している。冷静沈着のコーチが一声号令をかければその通りこどもは行動する。1人怒鳴り散らしているのと比べ、保護者が安心できるクラブだろうと思う。それに改めて気づいたせいか、自信は崩れ落ち、その日は夜中の2時くらいまで飲んでいた。落ち込んだ時のお酒は決して自分を酔わしてくれない。

翌日二日酔いの中、意を決して家内に報告したら、「頑張れ」と言われた。「こんな時に何てことを・・・」でもきっと彼女はこう言いたかったのだろう。「私も私なりに頑張っている。あんたも頑張れ。そして気持ちを切り替えろ。切り替えれば何とかなる。私もこどもたちも弱虫なあなたでなくノー天気なあなたと夢を語り合いたいのだ。これまで頑張ってきたのだろうが、もっと頑張れ。どんな困難にも打ち勝てる気構えを持て。365日弱気なことを考えても何も起こらない。1日でも前向きに考えることが大事だ」と。

人間はあることが吹っ切れると強くなるようだ。正しいと思った練習をすれば強い子は育つ。以前は辞めはしないかと保護者の顔色を伺っていたようなフシがあった。今では埼玉県でトップクラスの子が育ってきた。そんな中、本日2人が中学校を卒業する。「小6と中3は12月にバンビーニを卒業」と規約に書いたのは、来るか来ないかわからない不安をこちらから断ち切るためだった。それにもかかわらず、2人の中学生は昨日まで休まず練習に参加してくれた。信じて貰えたのだと心底うれしい。可愛い孫のようでオリンピックに出るまで応援したい。しかし、「だからコーチは重いんだよ」と言われないよう、彼らが心地よく感じる絶妙な距離感を保たなければならない。人との関係は所詮難しい。

子泣き爺.jpgお見舞い.png

 

 

 

115回「ホワイトデー」(202138日)

学童ではホワイトデーが近くなり騒々しくなってきた。

D男は

「イリ、僕ね、今度K子ちゃんに『仕返し』しようと思うんだ」

「おいおい物騒だな。何されたんだ」

「うふ、バレンタインでチョコレートもらったんだ」

「ん?・・・それなら『仕返し』じゃなくって『お返し』というんじゃないかな」

Y男は

「ホワイトデーで僕K子ちゃんに『ゴジラ』をあげるんだ」

「ん?何で?・・・そういうことか、それは『GODIVA』だね」

R男は

「僕ね、ゲーム買ってしまってお金持ってないから、K子ちゃんの『ボディーソープ』になるんだ」

「ん?・・・それを言うなら『ボディーガード』だね。ボディーソープだと風呂屋の三助(お客さんの背中を流す人)になっちゃうよ」

こどもは聞きかじりが絶えず、真顔で言うので思わず笑ってしまう。つい漫才のミルクボーイを思い浮かべてしまう。

 

 彼らがホワイトデーについて漫才をするときっとこうなる。

ボケ「うちのオカンがね 記念日の名前をちょっと忘れたらしくてね。でまあ色々聞くんやけどな 全然分からへんねんな」

ツッコミ「分からへんの? いや ほな俺がね オカンが思っている記念日を ちょっと一緒に考えてあげるから どんな特徴ゆうてたかってのを教えてみてよ」

ボケ「女の子にもらったチョコレートのお礼の日らしい。昔はマシュマロだったと言うねんな」

ツッコミ「おー ホワイトデーやないかい その特徴はもう完全にホワイトデーやがな」

ボケ「ホワイトデーなぁ」

ツッコミ「すぐ分かったやん こんなんもー」

ボケ「でもこれちょっと分からへんのやな」

ツッコミ「何が分からへんのよー」

ボケ「いや俺もホワイトデーと思うてんけどな」

ツッコミ「いやそうやろ?」

ボケ「オカンが言うには、それは不二家の宣伝から始まった日だったと言うねんな」

ツッコミ「ほなホワイトデーちゃうがなこれ 不二家の宣伝はペコちゃんポコちゃん、ポパイだもんな」

ボケ「そやねん」

ツッコミ「ほなもう一度詳しく教えてくれる?」

ボケ「バレンタインはじれったい男の子に女の子が催促する日だと言うねん。その日はそれに気づいた男の子が決意表明する日で、お返しであげるものは最近はチョコレートやアクセサリーなど何でもいいらしいねん」

ツッコミ「ホワイトデーやないかい チョコレートメーカーがバレンタインンとホワイトデーの2回稼ごうと言う魂胆や。俺の目は騙されへんよ 俺騙したら大したもんや」

ボケ「オカンが言うにはお葬式は招待状なしでも出れるが、その日は結婚式と同じで招待状がないと出れないものらしい。」

ツッコミ「ほなホワイトデーちゃうやないかい ホワイトデーに招待状は要らない・・・待てよ、女の子はどんな男の子にもあげあられるが、ホワイトデーはバレンタインでチョコレートをもらった男の子だけがあげられるという意味なんかな」

ボケ「分からへんねん」

ツッコミ「ホンマに分からへんがなこれ どうなってんねんもう」

ボケ「んでオトンが言うにはな」

ツッコミ「オトン?」

ボケ「ホワイトクリスマスとちゃうか?って言うねん」

 ツッコミ「いや絶対ちゃうやろ もうええわー」

ホワイトデー2.pngミルクボーイ.jpg

114回「走って走ってランランラン」(202131日)

表題だけ見ると何か楽しそうだが、「走って走ってRun Run Run」と文字を置き換えるととたんにこどもは嫌な顔をする。3月となり、12月~2月までの「走って走ってRun Run Run」の期間が終わり、スピード練習と持久力トレーニングとの汽水域の期間に入る。天気にも恵まれ今年の冬はよく走った。

当クラブは長距離は言うまでもなく短距離も走り込む。ドリルという練習は他のクラブに比べて少ない。多くのこどもは1週間に1回の練習なので指導の時間は限られているから、自ずと冬は「走り込み」中心の練習となる。走り慣れすることに軸足を置くが、ここが小学生トレーニングの問題点があり、走り過ぎ、過酷と言われる。しかし、ケニアやエチオピアのこども達が毎日10km以上離れた学校に走って通っているのに、1週間に1度の練習で10kmも走らなければ国際大会では勝てない。走り込みは陸上選手にとっての「走る場数」だ。

最近のこどもは取っ組み合いのケンカはしない。せいぜい小突く程度だ。これまでの経験から言えば、ケンカ慣れしている者の方がケンカは強い。ヤクザが強いのはケンカの場数を踏んでいるからである。普通の人は他人を殴らずに一生を終える。もしケンカすることがあっても殴るタイミングがわからない。ヤクザは自分より大きい柔道部やレスリング部の大学生にも立ち向かう。ヤクザにはルールがないから、急所蹴り、頭突き、こん棒での一撃など勝つために手段は選ばない。学生は競技ルールの下では強いが、ケンカの場数には負ける。

釣り師も場数を踏んでいる。同じ船に乗ってもなぜかビギナーズラックは少ない。必ずベテランから釣れる。しゃくりのコツなのか、タナ取りの妙味なのか、ベテランは経験でわかっているようだ。夏の三浦半島でタイを釣る場合は素人は「エビ」を用意するが、ベテランは「スイカ」を餌にする。夏の三浦海岸では海水浴客が食べ残したスイカが海に浮かんでいる。タイはこの時期このスイカを食するからだ。知識も豊富だ。

銀座のクラブのママはほとんどのお客の名前を憶えている。私は1度しか行ってないのにしかもお金は上司が払ったのに、2年ぶりに行っても「あら?お久しぶり、入山さん」と会社のボトルが出てくる。ママに秘訣を聞いたら「ヒ・ミ・ツ」だそうだ。これも場数を踏んだ結果だと思う。

場数を踏むことは何かを究める際の必要十分条件だ。1000mの強化指定タイムを切るためには1000mを何回も走らなければならない。100回で壊れる壁があっても、人は100回で壊れることを知らないから、99回叩いて諦める場合が多い。だからバンビーニでは「諦めきれない」ほどの練習をする。そのための「走って走ってRun Run Run」なのだ。時間は限られている。バンビーニでは「Time is money」は「タイム イズ もう、ねえ~」と読み替える。

 20kmラストスパート全員.jpg場数.jpg

 

 

113回「学校群」(2021223日)

226日埼玉で公立高校の受験がある。

半世紀前になるが、中3年になってすぐ受験の相談会に母親と一緒に出席した。東京では日比谷高校が一番であった時代だ。中学校の担任は「入山君の成績ではB高校ですかね」と母親に告げ、母親は反論もせず「先生のいうことに従います」

翌日職員室に呼ばれ「昨日はお母さんにB高校と言ったが、お前の英語の成績ではB高校もおぼつかないぞ。だが、これからいくら勉強しても英語の能力が上がるとは思えないから英語を捨てろ。他の教科で頑張れ。英語が0点でも他の8科目が80点なら平均70点となり合格する」と言われた。今から思うと乱暴な進路指導だった。でも、入山家は親子とも先生には従順だった。

ところが7月の学校改革で高校は“学校群”制度になり、しかも受験科目は詰め込み教育廃止で、それまでの9科目から3科目(英語、数学、国語)になった。その他内申点重視、学校に対する積極的行動重視という制度が今年からの実施が決まった。

学校の先生もどういうものか計りかねていた。しかし、その発表があってまもなく職員室に呼び出され「入山、ダメだ。作戦変更。英語は捨てられない。数学と国語が満点でも英語が0点なら平均70点に届かない。頑張って英語をもっと勉強せえ」受験まであと6ヶ月になって言わないでよ、と思ったが、先生には相変わらず従順だった。

塾に行くお金はなかったから、参考書を何冊か買ってもらい勉強した。おふくろは疲れていたのに11時頃夜食を作ってくれて「頑張って、もう寝るからね」その甲斐あって英語は奇跡的大勝利。翌日英作文が1か所間違えただけで95点だったと先生に報告したら「嘘だ」と職員室ですべての先生から笑われた。顔が赤くなって下を向いてしまったが、「・・・それでも95点」ガリレオの気持ちがよくわかった。

B高校に進学してすぐは同級生を見下していた。俺ほど英語のできる奴はいないと。1ヶ月くらいたって、担任が「クラス分けの際の書類」を教壇に忘れ、それを盗み見したら、50人クラスで40人が英語100点だった。新制度は記述式を取り入れた新しい試験方法でもあったので第1回目は難しくできなかったという。自信が大崩れした。

さらにこの制度はA高校とB高校が53群というグループの中に組み込まれたものだった。それまでは単願であったが、学校間の学力格差をなくすためグループ化された。当時はA高校がB高校よりレベルが高く全員A高校に行きたかった。A高校かB高校かは運不運の問題となった。

合格発表をA高校に見に行こうとワクワクドキドキして向かっていたら、発表を見て戻ってきた同級生に出逢い「入山君、B高校だったよ」と言ったため感動も何もなくなってしまった。時代の流れを受け数々の出来事のおこる高校に入学したことになろうとは、その時知る由もなかった。

 20年後会社で2歳下の同僚と偶然飲む機会があり、その際彼がA高校であったことを知った。彼は私がB高校であると知ったとたん態度が変わった。こどもの時の強く刻んだ誇りは大人になっても変わらない。あまりにも見下す態度に私は言った。「入試の成績順に1番A、2番B,・・・499番A、500番Bというように配分されるため、お前は499番でA高校、俺は2番でB高校だったんだ」真相は不明。

陸上競技は天候でタイムが左右される。埼玉県は強化指定選手制度でタイムによってA指定、B指定が決まる。その大会で優勝してもタイムが悪ければ選ばれない。2.26は雪のイメージがある。天候には左右されない受験だが体調には左右される。風邪もコロナにも負けず普段通りの成績を出せるよう、頑張って!

受験.png合格発表4.png

 

 

 

112回「ねえ~、自己紹介してよ」(2021217日)

学童の話

おやつの後の散歩で、公園に行った。

鬼ごっこで木の陰に隠れていると、1年生の女の子がやってきて、ベンチの方に連れていかれた。そこにはお母さんと思しき人がいた。「ねえ~、自己紹介してよ」という。目の前で嫌だとは言えず名前と趣味だけ言う。お母さんは「いつもYから聞いています。よろしくお願いします」とニコニコしていた。

2週間後、私が帰る時Yのお母さんが迎えに来てYと一緒に学童を出た。すると、Yが私の手をとった。「イリ、一緒に帰ろう。お家まで来てよ」と言う。学童では絶対に見せない行動だった。翌日マネージャーに報告したら、「Yはいつも先生と遊びたがっているのに、他の子が来ると遠慮して身を引いているのですよ」マネージャーは見ていた。

1ヶ月後公園に行くと、また「ねえ~、自己紹介してよ」と言われた。よく見ると遠くのベンチに母親がいる。

「なんで自己紹介するの。前もしたじゃない?」と聞いた。 

「付き合う時は自己紹介するでしょ」

「???」

「お母さん昨日酔っぱらって言ってたよ。外見はどうでもいい、私はストライクドーンが広いからって」

「それはたぶんストライクゾーンだね」

「そんなことはどうでもいいの。お母さんはYの好きな人でいいって。Yのためなら相手は50歳まではオーケー、少々出ていても可。それ以上だと要相談だって。イリいくつ?」

常日頃、学童のこどもには30歳から60歳までその都度適当に言っているので、自分の学童における公式年齢がわからない。こどもは40歳以上の人物では年齢の見分けがつかないから、いくつと言っても信じる。

「あのね、Yがね、お嫁さんに行く前にたぶん私はこの世にいないと思う」

「探すから大丈夫」

「いや、探せないと思うよ。あの世にいるから」

「??? ところで奥さんいるの?」

「怖い人が1人いるよ」

「別れてよ」

「えー!!!これまで苦労ばっかり掛けてきたから、これからは奥さん孝行しなければいけない。夫婦って、友達と違う、磁石のようにくっついて離れたくとも離れられない関係なのだよ」

 「ふ~ん。夫婦って磁石のようなものなの。じゃあ、なんでお父さんとお母さん別れたの?」

「・・・」

ストライクゾーン.png磁石.png

111回「警察犬」(2021210日)

犬の特徴はその嗅覚にある。人間の100万倍の能力があるという。警察犬は犬の持っている嗅覚を利用した警察の武器である。しかし、普通の犬はその嗅覚の能力をまったく発揮していない。ただの玩具にしか過ぎないのだ。多くの飼主はそれで充分で、彼らにとって愛犬は癒しの対象でしかない。警察犬はすばらしい能力をもっているのではなく、犬の嗅覚という感覚を100%発出させた結果である。すべての犬は訓練すれば警察犬になれる可能性があるのだ。犯人確保を目的としたシェパードやドーベルマンの犬種は別にして、犯人追跡または不明者の捜索に適した能力はどの犬でもある。実際、警察犬の中には追跡・捜索部門でチワワやトイプードルも採用されている。ただし、嗅覚に優れていると言ってもどの動物でも“警察犬”になれるわけではない。犬の倍の嗅覚能力をもつ動物はゾウだが、移動に手間取る上狭い場所に入れない。そのため“警察象”は存在しないのである。

日本人の先祖はイノシシやシカを追いかけていた。またオオカミやトラなどから逃げ回っていたので、“速く走る遺伝子”は持っている。知能が発達し、走らなくても狩りはできるし難も逃れるようになったため、その能力は徐々に衰退している。しかし、まだ日本人は縄文時代から2800年しかたっていない。少なくともエジプト人や中国人より速く走る遺伝子が多く残っているはずだ。この遺伝子を100%発揮すれば、日本人は「速い」のである。しかし、塾に行ったりダンスをしたり、遺伝子から離れるにつれて「遅く」なってしまった。

我々陸上競技のコーチ達は児童が100%全力走ができるように指導している。たまにはキツイ練習もある。しかし、多くの人は別段辛ければクラブをやめさせてもいいと考えている。愛犬家と同じように明るく楽しい時間をこどもと過ごせればいい。こどもの隠れた能力を知ろうとはしない。自分の描いた人生像があり大学までのレールを敷いている。大学からこどもの望むように行動させても、こと陸上競技では遅い。「持っている嗅覚を研ぎ澄ます」ことで警察犬になれるように、「速く走る遺伝子を活性化させる」ことで日本一、いや世界一のランナーになれる可能性がある。我々は決して天才児を探しているのではない。

 得てして私は大上段に振りかぶる傾向にある。しかし、訓練によって犬の嗅覚能力が100%発揮できても、一般の家庭で何の役に立てるかを考えてみると、私の主張は急に怪しくなる。コロナウイルスに匂いがあってそれを犬が嗅ぎ分けることが出来れば話は別だが・・・

(蛇足:今回は第111回のため「ワンワンワン」で、犬について語りました)

警察犬.jpg80319230_s-e1558110538320.jpg

 

 

110回「おのぞみの結末」(202123日)

少年は悩んでいた。自分はスポーツ万能だが特に秀でたものがなかった。走るのも速いが、かといって11秒台を出すほどでもない。何か記録を出さないと高校からオファーがかからない。内心焦っていた。

 そんな日が続くある日、部活の帰り道、何やら怪しい古民家があった。「無料で悩み解決します。ココア付」との張り紙が気にかかった。こんなところに古民家などあったけと訝しんだが「ココアが飲めてただならいいか」と戸を叩いてみた。そこには老人がいて「いらっしゃい」と言った後は無言だった。

「あの、相談してもいいですか。僕、陸上部にいて速くなりたいんです。どうしたらいいでしょうか」

「わかった、占って進ぜよう。私の占いは珍しい『ココア占い』じゃ。ココアを飲み干した後、ソーサーをカップの上にかぶせ逆さにする。 すると残ったココアが垂れて、カップを持ち上げると、そのココアによって模様ができ、この模様がどのように見えるかによってお前の将来を占うのじゃ」

「飲んでいいんですか」飲み干すのにずいぶん長い時間がかかったような気がする。

「ああ、どれどれ、どんな模様になったかな? これは・・・鹿の絵柄になっている。鹿には角がある。角は神や宇宙からの交信を受け取るアンテナを意味する。さらに鹿は草を食べる時は悠然とし神からの指令があれば颯爽と走る、精神と肉体のバランスの象徴だ。鹿を見つけて鹿に乗れ」

「???」相談の趣旨には答えてないが、ココアを飲んだだけ得をしたような気分になった。翌日ここを通ったが、古民家はなくなっていた。

 それからしばらく経って、ネットで探した陸上クラブに入った。毎回、嫌というほど走らされた。小学生と走らされても少年は手を抜かない。コーチには「あほ、小学1年生に勝ったから喜んでいるなんて。お前は自分と闘っていない。精神と肉体のバランスが欠けている」どこかで聞いたことのある言葉だった。コーチは1年で結果を出すには時間がないから週3日来いと言う。クラブ活動で毎日走った上に3日来いと言うなんて1週間1日も休みがないじゃないか、こんなんで速くなれるのかよと思いつつ、100100位には入りたかった。

 そんな日が続くある日、帰り道ふと見ると前に見たココアを飲ませてくれた古民家があった。「無料で悩み解決します。ココア付」の張り紙がまたあった。一杯ココアを飲んで帰ろうと立ち寄った。

「この間の少年じゃな。鹿は見つかったか」と老人は問うた。

「はい、鹿らしき名前のクラブに偶然入りました」

言っている間に急に少年は思い出した。そのクラブの練習場のひとつに「としのう」があり、そのバス停が「鹿浜五丁目」であったことを。前と同じようにココア占いをした。

「おお、今度はキツネの形となったぞ。お前の中学校は確か十二月田中学校だったな。その地域は、昔飢饉の時きつねが田植えの真似をし豊作を祈願した十二月田(しわすだ)村じゃ、今度はキツネそのものになれ」

「???」

少年は何が何だか理解できなかったが、老人の勢いに押されその場を後にした。翌日そこを通ると古民家はなくなっていた。しかし、思いを巡らしていくうちに学校の近くに十二月田稲荷神社がありそこにキツネがいたことを思い出した。なんとなくお参りした。また、念のため「きつねうどん」を事あるごとに食べた。キツネが自分に何の関わりがあるかわからないが、たぬきはひょうきんなものに、キツネは妖しいものに化けるものだとバアチャンが言っていた・・・

 コーチから「持久力もあるからお前400mをやってみたらどうだ。そろそろ100mランナーから400mランナーに化けて見ろ」と400mの練習をさせられた。2年生の秋の大会では200mまでは1位だったが、残りの距離で失速し60秒を過ぎてしまった。それを見たコーチはその後さらに練習量を増してきた。しごきに近い。これじゃジイチャンの頃の野球部の監督だ。「そうだ、コーチの好きな大リーグのチーム名がWhite Foxだったな」と少年は急に思い出した。白狐は福を人間にもたらす動物だし稲荷神の神使だ。これも占い師のいうキツネに関係している。少年は運命を感じた。英語の苦手な少年の聞き違いで実際のチーム名はWhite Soxだが、そんなことはもう関係ない。信心は盲目的に何かに頼ることである。その後コーチの作る練習を完璧にこなした。すると春には57秒、そしてコロナや猛暑を乗り切った秋には535で埼玉県8位になった。キツネのように「大化け」した。

 その後はM-1で優勝した漫才師のように次から次へと高校から誘いが来た。

しかし、高校が彼をセレクションにかけるのは535の記録ではなく、彼の将来的可能性に魅力を感じたからだ。少年は自分の価値をまだ理解していない。強靭な筋肉、頑固なほど真面目に練習に取り組む態度、小学生のような純真さを評価したからだ。もっとも記録がなければスカウトマンは見過ごしたかもしれないが・・・

 少年は最初に声をかけてもらった高校に恩義を感じながら、124日憧れの高校に進学が決まった。本人がのぞんだ結末だった。

ココア占い.jpg十二月田神社.jpg

109回「上を向いて歩こう」(2021127日)

学童の話

私と話をする時、四方八方に目を配る子がいる。目線があっちこっち飛ぶので落ち着かない。シングルマザーのせいか週明け月曜日は特にテンションが高く、大声でのお喋りが多い。マネージャーが、遊ぶ時間室内が騒々しくなってきたので「皆さ~ん、ちょっと聞いて下さい。大声出すと飛沫が飛ぶと学校で教わらなかったですか」場の雰囲気がわからないYはすかさず「先生は静かに話しなさいとは言っていたが、大声出すなとは言ってないよ」と大声で発言「それを大声出すというのだよ」「でもね、マスクしているとよく聞こえないからはっきり喋ろとイリが言ってたよ」(俺を引きずり込むな!)全体に対する訓話が個人的な説教になってしまった。

このように指導しづらい子なのだが、私を同級生と思っているのかおじいちゃんと思っているのか、妙に馴れ馴れしい。でも、時々「おまえ、誰に対して言ってるんだ。3尺下がって師の影踏まずだ」と小突く。「えー、イリ死んでるの?イリの影踏むと僕らも死んじゃうの?ワー大変、皆逃げろ」屁理屈というのか機転が利くというのかよくわからない男だ。時々さらなる悪態をつく時がある。しかし、その際は発言しているうちに気づくようでまずベテランのおばあちゃん先生見て、さらにマネージャーが見ているかどうかを確認してここまでは大丈夫か、と思いながら視線が私に戻り、それからさらに私につっかかてくる。私はどうしても発言が許せない場合頭を叩く。咄嗟の時はお尻より間近な頭に手がいってしまう。暴力教師と騒ぐが、Yはその痛さ加減で自分の行為の悪さの度合いを判断している。でも、「窮鳥懐に入れば猟師も殺さず」ではないが、叩いてもからみついてくる子はかわいい。この子が早お迎えの時は、その後の学童の時間は静かに流れ何の苦労もない。

いつものお散歩では殿をつとめるのが私の役目だが、今回はおばあちゃん先生がお休みのため私が先頭を歩くことになった。こどもにも先頭の当番がいて、今日はKという3年生の男の子であった。痩せているのに、この時期Tシャツである。以前記述したジャンケンで負けると瞬間的に泣く子である。その子が不思議なことに下ばかり見て歩く。しばらく見ていたが一向に頭をあげる雰囲気ではない。

「いいか、K、男は堂々と胸を張って歩け」と言うと胸を張るが、2,3歩歩くと下を見る。「K、乞食みたいに歩くな。さもしいぞ。上を向いて歩こうだ」すぐ頭を上げるが、また下を見て歩く。同級生の姉さん児童がしゃしゃり出る。「イリ、こいつね、登校中犬のうんこ踏んじゃったんだよ。それも2回続けて。今度踏んだら、うんこ野郎と言われるのが嫌で、踏まないよう気をつけて歩いているんだよ」「そうか、でも逆に運のいい奴じゃないのかなぁ」「うふ、オヤジギャグね。Kは間が抜けているだけだよ」女の子は辛辣である。でもKは反論もせず行き帰りとも下を見て歩き続けていた。

 こどものおかしな行動は、こどものこころの様相をあらわしているのかもしれない。

落ち着きのない子.png2057293_201508100955467001439170647c.jpg

 

108回「朝三暮四」(2021120日)

冬季練習は真っ盛りである。長い距離の練習をやる際、高学年と低学年で反応が異なる。低学年に「2000m走」というとブーイングが起こるが「2km走」というとさほど非難は起こらない。高学年は逆で、「2km走」というと嫌な顔をする。「2000m走」のが彼らの耳には心地良いようだ。

こちらも面白くなって「200,000cm走をやるぞ」「いや、やめて2,000,000mm走をやる」というと、さらに彼らの心を固くさせてしまったようだ。黙って立ち上がる子が多い

低学年は2000m走を2km走と言うと喜び、高学年は2km走を2000m走と言えば安心する様子を見ていると、ふと「朝三暮四」*の言葉を思い出してしまい思わず吹いてしまった(低学年と高学年の距離に対するニュアンスは数字で考えるか単位で考えるかの学習度合の違いによるものだと思う)。

 *)中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという 目先の違いに気をとられて、実際は同じであるのに気がつかないこと

 他にも似たようなことがある。練習で400mx15というと騒ぎ出す児童が出てきて本数を減らそうとあらゆる手を打ってくる。やれ時間内に終わらないとか、トラックの1コースを独占して使うのは他のクラブに迷惑だとか、「そんなのあんたが心配することではない」と思いつつ、しばらくガス抜きしてから行う。基本的に主張は聞くが、それによって練習内容は変えないし変わることは絶対にない。毎回文句を言うので、最近は400mx20とまず言う。するといつもの児童がやはり一番にブーたれる。あと2,3人が追随して文句を言い、他の皆は目でエールを送っている。

「わかった、じゃあ10本規定タイムで還って来たなら5本減らして15本にしよう」というと歓声が沸く。実は前もって用意した私の記録表にはもともとタイムを記載する欄は15個しかない。ある時、自分の記録が気になるので表を見に来て、それに気づく女の子がいた。雰囲気でわかった。「よろしくお願いします」と「ありがとうございました」練習の途中に「トイレ行っていいですか」の3つのセンテンスしか言わない子だ。だから、私の言動を疑っても決して他の子には言わないと思うので安心している。

だが、これからは念には念を入れて記録表はいつも2倍近い欄を設けることにしよう。

朝三暮四マンガ.jpgはっと気づく.jpg

 

 

107回「あの人は今」(2021113日)

20159月大手スポーツクラブからの依頼で、千葉県南房総市のAKBの撮影に携わったことがあった。当時売り出し中の宮脇咲良のランニング指導の依頼であった。走り方が独特で、キモ可愛いが受けていたが、プロモーションビデオを「素人が練習を重ね陸上競技で活躍する」というストーリーにしたいとのことだった。

現場では咲良とその友人役の松井珠理奈の2人を指導した。咲良は決してわざと変な走り方をしていたのではなく、ただ単に走り方を知らなかっただけだった。珠理奈は陸上が好きなだけあって、走り方を修正する必要はなかった。咲良も30分ほど教えたらすぐ会得した。きっとずいぶん前からきちんと走れたのだろうが、キモ可愛いという流れで直さなかったのだろうと思う。顔かたちは綺麗な人たちだと思うが、どこでもいるような感じでもあった。バンビーニにも同じくらい可愛い子がいる(たぶん)。きっと化粧やステージなど環境を準備すると「お姫様」になるのだと思う。

1日目は10時半から15時まで拘束され、2日目は朝6時集合10時半まで拘束された。教えた時間は2日間で30分~40分くらいだった。特に2日目は指導のオファーがなかった。委託料以上に時間がかかり割が合わないビジネスだった。大手クラブはやはり賢い。

余談だが、AKBの偉いところはメンバーの仕事に対する厳しさである。私は15時に終わりホテルに戻ってゆっくり温泉に入ってビールを飲み夕食を食べ、ウイスキーを飲んでTVを見て寝てしまった。トイレに起きたら、バスがホテルに到着し彼女らが降りてきた。時計を見ると0時半であった。翌朝6時集合なので5時に起きたら彼女らはもう出発していた。挨拶もキチンとしていた。衣食住足りて礼節を知るのかもしれない。別の表現を使えば地位が人をつくるだ。AKBのことはよく知らないが、仕事人としてはやはり超一流だ。

 2017年の5月に今度は狭山スキー場でジャニーズWESTの指導を委託された。バラエティ番組で78脚をやることになったので、その指導をお願いしたいとの事だった。この程度の事ならわざわざお金かけなくてもと思ったが、監督にアドバイスをお願いしますと言われ「転倒の際、顔を守るために手は前の人の肩ではなく腰を触る」「用意ドンと言ってから『せーの1、2』というのはワンテンポずれているように感じる。すぐスタートできるようにすべき」と提案。縦一列から横一列に並びかえるやり方(途中でバレーボールが飛んできたりする)だけを指導した。後は撮影を見ているだけだった。朝の7時~1950分まで拘束。電車が事故で動かず帰宅は22時過ぎだった。ロケ弁はおいしかったが、やっぱり割が合わない。

バラエティ番組では大の大人がいろいろ工夫している姿を見て笑ってしまった。監督が真面目に鶏を追いかけて見たり、ほんの些細なことが気になりなかなか進まなかったりで、こういう仕事だったら毎日学芸会の練習みたいで楽しいだろうな、いやウケなかったら次に使ってもらえないから精神的にはしんどいのかな、と思いを巡らした。

気になったのが、主役のグループと争う偽グループたちだった。出番がない時は、ジャニーズWESTを見ず声がかかるまで体育座りで反対方向を見ていた。誰1人喋らず哀愁さが漂っていた。きっとそれが彼らのプライドなのかもしれない。無駄口はたたかない、監督の言うことには全力で挑む、それは簡単にはできないことだ。バンビーニの一部のこどもたちに見せてあげたい光景だった。

それにしても、名前も知らないし顔も覚えていないが、偽グループのメンバーは今どうしているのか、気になる。

芸能人.jpg体育座り2.jpg

 

 

 

106回「体内時計」(202116日)

大人は月曜日から仕事始めだ。初日は朝起きるのが辛かった人もいただろう。先日新聞で「ソーシャルジェットラグ」という言葉を知った。「平日と休日の起床時間が異なることで、体内時計が狂い、体や精神に不調が出る状態を指す」ことらしい。「人間の体内時計は後ろの時間にはずれやすいが前には調整しにくい傾向があるからだ」としている。「ジェットラグ」とはそもそも「時差ぼけ」を意味するから、週末夜更かしをして土日に朝寝坊すれば、時差が大きい国に旅行するようなもので体は休まらない。増してやそれを習慣にしている人は疲れが蓄積していくに違いない。

バンビーニはこの体内時計を重視している。長距離のこども達にインターバルをするときには制限タイムは設けている。タイムを読み上げているだけが練習ではないとお叱りの指導者もおられようが、こども達の体内時計のスイッチを入れるにはこれしか方法がない。200m毎を40秒平均で走るには「40秒という時間」を計る体内時計が必要だ。距離が長くなればもっと正確な時計が必要となってくる。時計が曖昧であれば誤差が拡がりペース配分がガタガタになってしまう。こども達を見ると高学年になればなるほど、持ちタイムが速い選手ほど時間は正確だ。低学年は誤差と言えるレベルではない。赤ちゃんのように時計がないとは言わないが、日時計程度の時計だ。これをクオーツ時計にするには何回も何回もタイムを覚え込ませなければならない。

ジェット機が音速(340/秒)を超えると衝撃波が生じ、地上から遠ければ減衰して衝撃音として聞こえるが、近ければ家の窓ガラスを割ってしまう。飛行機も音速を超える直前に機体が揺れ操縦が困難になるが超えると安定する。パイロットはこのマッハ1に達する直前のマッハ0.9から音速の壁を体感するという。

短距離の100mでも壁はある。100の壁である。これを破る時選手は大きな衝撃波を受ける。この瞬間の達成感、マスコミの取材、周りの期待、オリンピックへの夢が押し寄せてくる。

小学生の時計には13秒の壁や12秒の壁がある。しかし、その程度の速度では衝撃波は起こらない。ただ、何かひとつのカーテンはくぐり抜けた感触は得られたはずだ。13秒を切った瞬間、風を感じると思う。12秒を切れば何か違う世界にたどり着く。あるいは逆に無音の世界になっているのかもしれない。君たちが本当の衝撃波を感じるのは、あくまでも100の時なのだ。飛行機は流体力学から衝撃波を説明できるが、100mの場合、選手の体内には、標準時間に対応した時計と身体に密接した速度計があると思う。測定可能な速度はマックス10010秒0なのかもしれない。それを超えた時機体が震えるような感触を得るのだ。人間の場合一度破るとその後突破しても衝撃波は起こらない。といってもこの感触を得たものは日本人で3人しかいない。しかも、私は10010秒を切ったことがないので、まことに説得力に欠ける話でもある。

音速.jpg 10秒0 (1).jpg

 

105回「ライバルは三浦友和」(202111日)

正月のゆったりとした時間の中で、山口百恵の「プレイバック」が入ったCDを聞いていた。懐かしい思いを抱きつつ、いつの間にか眠ってしまった。

<夢の中に大学生の自分がいた>(夢によくある「タイムマシン的話の展開」)

1974年、当時ブレイクし始めていた山口百恵初主演の映画「伊豆の踊子」の相手役募集が新聞に掲載された。誰もが応募できるものではなかった。条件が3つ、年齢:1723歳、身長:170cm以上、印象:「さわやかな感じ」で「大正時代の一高生の雰囲気」この条件に15000人が申し込んだ。当然その1人に私も加わった。私はチャンスがあれば挑戦する。しかし、4000人の1次通過者の中には私の名前はなかった。きっとこれは書類が郵便局の手違いで届いていなかったのだ。そうでなければ東宝から連絡が来ないわけがない。そうだ、きっとそうなんだ。なんてついてないのだろう。三浦友和が選ばれたのは私がいなかったからだ。・・・・ここから三浦友和とのライバル対決が始まった。

<急に結婚式の場面に変わる>(夢によくある「断続的な不調和」)

私の誕生日は123日、彼は私の後を追うように5日後128日に生まれた。その仕返しか、結婚式は1980119日、私より2週間早く赤坂の霊南坂教会であげた。生まれた日にちの遅れがそんなにもくやしいのか、意趣返しに山口百恵と結婚した。私の結婚式は、今はつぶれてなくなった麻布グリーン会館。そこから教会には23kmしか離れていない。その教会を見に行き、私の親戚は式に遅れた。親戚とは所詮そんなものなのだ。私の結婚式の出鼻をくじいたことで三浦友和とのわだかまりはさらに深まってしまった。

<時の流れに乗ってこども達の成長を俯瞰的に見ている>(夢によくある「時間の加速的進行」)

何か私を意識するかのように子どもも私のところと同じ男2人、しかも生まれた年が2人とも同じだ。ここまでぶつけてこなくてもいいのに。そんなに私の存在を消したいのか。もしかすると私の応募用紙を捨てたのは彼かもしれない。

中学受験がどうだとかマスコミが騒いでいた。私は地産地消で息子たちを地元の学校に進学させた。今はお互い大きくなった。TVに友和の息子が出ていたが、他人とは思えなかった。

<ここから手紙を書く場面に変わる>(夢によくある「幻覚的シーン」)

三浦友和君へ

君の髪は相変わらずふさふさしているね。剛毛だな。私は砂漠化してきた(笑い)。

百恵さんも元気か、私の家内も元気だ。今は一緒に仕事をして頼もしい存在だ。

君の家も離婚もせず病気もしていないようだね。

これまでのわだかまりはお互い捨てて、近いうちにさいたま新都心で飲まないか?

そしてお互い妻のことを語り合いたいものだ

 棚からDVDが落ちてきて目が覚めた。それは「赤い衝撃」だった。道理で痛いはずだ。気づくと音楽は最後の楽曲「夢先案内人」がまさに終わろうとしていた。

 今年もよろしくお願いします。

 

伊豆の踊子.png山口百恵駐車場他.jpg夢先案内人 (2).jpg

104回「お袋の言葉」(20201228日)

年末になると思いだすのが「築地の年末警備のアルバイト」だ。私が学生の頃築地のアルバイトがあった。夜の10時~翌朝6時までの警備である。それまでは様々な学校から学生が集められていたが、お互い面識がないので泥棒と善人の区別ができなかった。当時の築地市場の社長が大学の先輩だったため、私が通っている大学だけで警備することになり、100人が集められた。そのうちの1人だった。泥棒被害がゼロだった場合報奨金として別途3000円上乗せする条件がついていた。

しかし、30日の夜、泥棒は慣れたもので鯵や鰯などの安い魚を下ろし高額な魚(マグロなど)を持って行ってしまった。我々が警備していたのだが、一夜干しのイカなどを持参し「お兄さんら、お疲れさんだね。これでも食べてよ」と声をかけてくる。イカをくれる人はイカした人とばかりコロリと騙され「ありがとうございます」と礼まで言ってしまった。翌朝市場の人から詰問され、事の真実を知ったのである。そんな築地も今はない。豊洲は警備会社が守ってくれている。時代の流れかもしれない。いろんな輩のいる高度経済成長時代末期のことだった。

小学生の頃は家が雑貨屋だったので、年末29日から31日まで店でアルバイトをした。小学生だったのと買ってくれる客に帽子を脱いで最敬礼したのがウケて、お袋にはずっとそのやり方を強要された。一番売れたのは餅網、次に祝箸だった。1日千円もらった。3日間で3千円だ。当時伊藤博文の新札が出たときだったのでピン札でうれしかったのを覚えている。隣が鳶職でしめ飾りや門松を買いに来るお客さんが多く、そのついでもあったので繁盛した。餅網がなくなってきたので、お袋がダイエーに買いに行った。家の仕入れ値より安いと言って50枚ほど買い、うちの店の価格をつけても、それでも売れた。情報が少ない売り手市場の時代だった。しかし、時代の大きな流れには勝てず、10年後店を閉めることとなった。

お袋は用事で時々店を留守にするが、ある時しめ飾りを持ったお客が店に寄った。「お兄ちゃん、お母さんは?」「出かけてます」「そう、じゃあ、ここにあるやつ頂くわ。これはお母さんと約束しているので、お金は払ってあるからね」「はい」と言って茶碗と箸と餅網を包み最敬礼で渡した。お袋が帰ってきて説明したら「政夫、そんな約束をした覚えはない。それはお前が騙されているんだよ。顔を覚えているかい?」「いや、思い出せない」「詐欺師は堂々として、弱い者、知らない者を騙すんだ。人を見たら泥棒と思え、だよ。よく覚えておきなさい」「うん、ごめんなさい」

20年後お袋は布団詐欺にあった。

 

*)正月のしめ飾りは昔から鳶職が製作販売している。高い所で仕事をしている鳶は年初家に降臨する歳神様を迎える手助けをする役割だと考えれられていた。

 

*)布団詐欺:ティッシュや洗剤など無料商品を与えて客をセール会場のようなところに集め、集団催眠のごとくハイテンションにした上で、品質の悪い羽毛布団を高額で売りつける悪徳商法のこと。

マグロ.jpg布団詐欺2.jpg

103回「型破り」(20201223日)

歌舞伎の世界で、こんな言葉がある。

「型のある人が型を破ることを『型破り』といい、型のない人が演技をすることを『型なし』という」

簡単に言えば、「型なし」とは基本がないもの、「型破り」とは基本をわきまえた上でそこから独自性を導き出したもの、ということである。一見すると、どちらも自由奔放で同じように見える。しかしながら、実体は似て非なるものだ。

「型ができていない者が芝居をすると型なしになり、メチャクチャな演技となることが多い。型がしっかりした者がオリジナリティを押し出せば型破りになれる。」

陸上において、走る「型」は腕振りとモモ上げである。バンビーニでは腕振りを最初に覚える。入会する子で「幽霊走り」や「いや~ん、いや~ん」走りをする子は少なからずいる。大人の市民ランナーの中には膝の負担を軽減させるため忍者走りをする方がいて、こどもたちがまねるが、足の基本はストライドを広げるためのモモ上げが絶対条件となる。諸々の基本を覚えた上で骨格にあった腕振りやオーバーストライドに修正している。それをプチ「型破り」と呼んでいる。

戦法についても「型」がある。一般的に長距離では目標とする選手がいれば「後方待機でラスト50mで抜く」ということを指示する指導者は多いと思う。力を温存する方が得だと計算するからだ。ラグビーで言えば、早大の展開ラクビー並みの「かっこいい」戦法だ。しかし、私は最近このオーソドックスの戦法を「初めからどんどん飛ばせ」という戦法に変えた。この戦法は、まるで明大の重戦車フォワードで「前へ前へ」という戦法と同じだ。展開ラクビーはボールを回してもタックルされれば終わりだ。しかしスクラムやモールは強ければ防ぎようがまったくない。モール、ラック、スクラムは苦し紛れに故意に崩せばペナルティが待っている。

 最初から飛ばせば後は自分のペースで行ける、練習と同じやりかたでいい、ライバルとの駆け引きもいらないのである。この戦法は選手から教わった。ある時ライバルのいる大会で「後方待機の型」で行くことを確認したが、150mくらいでトップに立ってしまいそのまま行ってしまった。レース終了後「なぜ俺のやり方でいかないんだ」と叱ったことがある。その時選手は「コーチから言われた選手が遅かったので前へ出たかった。1000mだと200m通過の際電光掲示板でラップが見えるが400mはない。1位なら放送で通過タイムをアナウンスする。600mはまた電光掲示板を見ればいい。800mは電光掲示板がないが、1位ならラップタイムを放送するし、いいタイムが出そうだとそれなりの興奮がアナウンサーの声質でわかる。だからペースを知る上でも先頭がいい」という。その時は「型破り」の戦法だと思ったが、いくつかの大会での成果を見て納得。この歳で小学生に教わった。

しかし、型破りの戦法も何度もやればそれが「型」として定着する。「型破り」は新しい型の創造者でもある。

 

歌舞伎3.png前へOK.jpg

102回「もみじ」(20201216日)

紅葉(もみじ)を手にとるのなら、小さい方が綺麗でかわいらしい。落葉した際の傷もなく、本のしおりにも使える。昔の人は小さなこどもの手をもみじと表現した。言い得て妙である。

学童ではおやつの後、公園や学校に散歩するのが習わしだ。その際、隊列を組んでいくのだが、全体の安全を見るため私は隊列の最後から行く。ある時、列の最後の女の子の歩みがゆっくりとなり私の横に来ると私の右手を握った。握り返すともみじは私の手のひらにすっかり覆い尽くされてしまった。

1年生のKは私によくなつきそばに寄ってくる。なつくといえば偉そうだが、小さなもみじが風に揺れるようなしぐさでおいでおいでをされ、そそくさとKのところに行くのが実態だ。おやつのせんべいの袋が開かないとか、シルバニアのおもちゃを取ってくれとか、ほとんど召使的扱いである。外に出る時だけはおいでおいでができないため、Kは目で私を追ってくる。しかし、後方はいつも活発な女の子に取られてしまっている。今日はその子らがクラブの練習でいない。それでも周りの同級生に茶化されないため慎重だ。こどもも気を使っている。他のこども達が手をつないでいるのを見つけると「ラブラブだ」と囃し立てるが、その時は絶対に手を離さない。こどもはこちらが照れたり隠したりすればしつこいが、堂々としていればあきらめも早くすぐ他のことに気が行ってしまう。そして、Kとのお散歩は続く。公園や学校に行けばドッチボールや鬼ごっこで私は皆の慰めものになるので、束の間の2人の世界だ。

4年生のAという女の子はバスケをやっているだけあって、大きい。家内より大きいのだ。口は悪くいつも喧嘩腰で来る。父子家庭で「うちのパパはね、イリと違って・・・」と言って私と比較しては、私に冷たく当たる。「え、え、そうですか、あんたのパパと私はどうせ違いますよーだ」といつも心の中では暴れている。

ある時、Aが最後尾に来るなり私の手を握った。初めてなのでどうしたのかと訝ったが、その手は到底もみじとは言えずヤツデのようだった。

「イリ、お酒飲む?」

「ああ、大好きだ。飲まないと生きていけない」

「ふ~ん」

「パパも飲むのでしょう?」

「うん、でも飲むと人が変わってしまう。そんなパパ大嫌い」

「パパも外ではいろいろな人に気を使って大変なのだと思うよ。家では自分の思うように、ゆっくりしたいのだよ」

「それってストレスというやつ?」

「そうだね、大人はいろいろあるからね。私だって君にいじめられて、帰宅したらストレス解消でついついたくさん飲んでしまうよ」

「・・・わかった、パパのことは我慢する。今後イリをいじめない、やさしくするからね」と言った。握る手がヤツデからもみじに変わった瞬間だった。

 「自分を気にかけている人しか手をつないでくれない」ことを、こどもは知っている。手をつなぐと、手をつないでくれた人から子どもへ、愛情のエネルギーが流れていき、それはこどもでも感じることができるのだと思う。逆に私も新芽の息吹を感じ、老化の進行をとめてくれるような気がする。

 手をつなぐことは決して恋人たちだけの特権ではない。

 

手をつなぐ.jpg1人酒.jpg

101回「やかん」(2020129日)

スポーツには含蓄ある言葉がたくさんあるが、私は次の言葉が好きだ。

努力して結果が出ると、自信になる。

努力せず結果が出ると、傲りになる。

努力せず結果も出ないと、後悔が残る。

努力して結果が出ないとしても、経験が残る。

小学生が理解するにはまだ早いかもしれない。でも、スポーツを続ければ必ずこの言葉の意味が分かってくる。

 先人の言葉に従って間違った道を避けられるこどもは、ほとんどいない。また、本人にとって重要なことであっても、それが人生においては些細な出来事であることを知らない。失恋したこどもに「社会に出ればもっと素敵な人に逢えるよ」といってもその子にとってはこの世の終わりに等しい。しかし、先人は言う。「自分の結婚式でたくさんの写真を撮った。いくら撮っても足りないような気がした。しかし、その後写真を見ただろうか。いまではアルバムをどこにしまったかもわからない。大方結婚というものはそういうものなのだ」と。でも舞い上がっているこどもには何を言っても聞く耳がない。まるで「耳なし芳一」なのだ。だから失恋の痛手の回復に多くの時間を費やす、という先人たちと同じ失敗を繰り返す。

小学生は諭すように話をしても、誰かが道具につまずいてひっくりかえるようなことをすれば、こどもの関心はそちらにとられてしまう。こどもへのアドバイスの時間は、ウルトラマンやカップラーメンと同じように3分間だけだ。アドバイスを理解したくない子は「意味がわからない」と私の話を切って捨てる。だから「ぐちゃぐちゃ言うな。まずは俺の言うことを聞け!」と怒鳴ってしまう。そうすると「ガミガミ言うコーチは時代遅れだ」という非難が起こる。こども本人からではなく、まわりの大人たちからだ。「じゃ、どうすればいいんだ」と言いたくなる。そういう人は必ず次に「勝ち負けにこだわるのはくだらない」という。それは勝てない人間が吐く言葉だ。「努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る」のだ。 ここまでやるのかと言われるくらいまでやって、初めて他のこどもと差別化できる。

 人間は動物と異なり未経験のことを言葉で理解し危険を避けられるのだ。湯気の出ているやかんに触ると火傷するぞと言えば、火傷しないで済む。しかし、小学生には「生きる道」や「努力とは何か」というと、言葉のわからない赤ん坊と同じになる。その子には痛い目をみてもらうしかないのだが、小学生とはそういうものだと思えば腹も立たない。腹も立たないから、何度でも頭から湯気を出して怒る。コーチが湯気を出しているから逆らうと火傷するぞと思って、言うことを聞いてくれれば、それも指導法のひとつだと自分を納得させている。帰宅して一杯飲んでいると、「俺とやかんは一緒か」とつい考えてしまう。

image.pngやかん.jpg

100回「ターザン」(2020122日)

バンビーニの小瀧寧々は小学6年生の女子である。

今回は彼女に続くこども達に彼女を紹介しておきたい。バンビーニで練習をしている小瀧寧々は、埼玉県で今年最強の女子長距離選手であるが、水泳でも全国大会に出るほどのスイマーである。いわゆる水陸両用女子なのである。ターザンというと分かる方は少ないかもしれないが、私のこどもの時は憧れのヒローだった。類人猿に育てられ野生動物と同じように、泳ぎも速く足も速い人間なのである。通常水泳の筋肉と陸上の筋肉は異なるので、どうちらもすぐれた人間は、私の知る限りターザンと寧々しかいない。

私は第57回「横のスポーツと縦のスポーツ」で背が小さい子は横のスポーツである水泳より縦のスポーツの陸上競技を勧めた。背の高さ腕の長さが異なれば長い方が飛び込んだ瞬間リードするし、その後も差が広がる。体格の違いは記録に大きく影響するのが水泳である。水泳の決勝でスタート台に立つ選手に小さい子はほとんどいない。寧々は陸上では水泳ほど不利がない分水泳で鍛えた肺活量で活躍している。持久力は並外れているが、その精神力がまた尋常ではない。

水泳をやりながらバンビーニに入ってきたときは、1000mで「勝ちたい」という意欲で練習を始めた。そのうち段々上位に入れるようになって「勝てる」という自信がついてきた。そして最近では「勝ってみせる」という情熱が溢れている。先週の日清カップでしらこばとの鴨狩さんに追いつかれそうになって、「ダメか」と思った。鴨狩さんの方が勢いがあったからだ。しかし、追いつかれそうになってそこからギアを入れ替えラストスパートのアクセルを踏み込んだのはすごかった。彼女は競馬でいう先行馬に見えるが、実は追いつかれても引き離すことができる「自在」馬なのだ(第9回「競走馬その2(脚質)」を参照)。水陸両用の筋肉、タフな精神力と練習内容を確実にこなす真面目さが彼女の原動力だ。残り少ないバンビーニ-の日々で、気になる腕振りを直しておきたい。腕振りが直れば、中学に入ってもどこかで彼女の雄叫びが聞こえそうだ。「あ~あ~あ!!!」

 嘆息

水泳と陸上長距離が強いのなら自転車を練習させ、トライアスロンでオリンピックを目指せばいいじゃないかという人がいる。私もそう思うが、自転車は彼女はやりたくないのだ。馬を川に連れて行くことはできるが水を飲ませることはできないのである。

 ターザン.jpg寧々.jpg

 Almond_eye-1.jpg

 

99回「高知1枚」(20201125日)

1125日は「憂国忌」、作家三島由紀夫を偲ぶ日である。この日になると三島事件(三島由紀夫の命日)を思い出す。思想的にではなく、私の「ああ勘違い」の1つを思い出すからだ。

1970年(昭和45年)1125日三島は楯の会のメンバーと自衛隊市川駐屯地(今の防衛省のあるところ)でクーデターを訴えたがかなわぬと悟って、割腹自殺をした男である。当時予備校生だった私は受験に出ない三島の本は読んでいなかった。受験に関係のない作家は全く知らない。新聞に載った三島の写真を見た時、当時はやっていた「松の木小唄」の演歌歌手「三島敏夫」と混同した。「なんであいつが自衛隊で割腹自殺するんだ。なぜマスコミはこんなに騒ぐのだ(朝日は床にあった三島の首の写真を1面に掲載した)」と不思議に思って予備校の友達に話をして、大いに笑われた。

大学に入って、大学の生協に行った。そこには今流行っている曲のベスト10が飾られ、そのトップが「小椋佳」だった。アルバムのジャケットには可愛い女の子が載っていた。こんなかわいい子が売れているんだと思わず買った。レコード盤に針を静かに置いた。イントロも何か切ない入り方で、女の子の美声が聞こえてくるだろうと期待した。ところが、低音の男の声が聞こえて来た。「何なんだ、これは。男か、シマッタ。天地真理にすればよかった」と後悔した。しかし、その後小椋佳にはまってしまった。

会社に入り、配属先は初めての大阪だった。ある日、商社の人に連れられて伊丹空港から高松空港へ行くことになった。切符は総務の女の子が手配してくれた。実を言えば、その日は商談というよりTV観戦が主であった。ちょうど春の高校野球がやっていて地元高松商業が頑張っていた。商社の人は部員の名前とこれまでの成績をすらすら社長と話をしていた。未熟な私は「へえ、高松商業は強いんだ」くらいしか言えなかった。

夏になり、またこの得意先に出張することになった。今度は私1人だった。総務の女の子は忙しそうだったので、自分で切符を買いに行った。旅行会社に行く途中で人だかりがあり、よく見るとTVで高校野球をやっていた。「打った!ボールは転々とフェンスへ。高知商業逆転サヨナラ 準決勝進出!」と興奮したNHKのアナウンサーの声がした。「おう、勝ったか。すごいな。明日の話題にしよう」と旅行会社へ行き、窓口で「高知1枚」

 

<顛末>

高知空港に着いても気づかなかった。当時の地方空港は同じような外観に思えたのだ。しかし、間違いに気づくポイントはあった。出発する伊丹空港では前回とゲートが違っていた。12回のフライト経験では「天候状態でゲートはちょくちょく変わるんだな」と勝手に解釈してしまった。高知空港に着く時、飛行機は一旦海に出てまた入りなおした。前回は海から直接空港に入ったのに「おかしいな?」でもこれも風のせいだと自分を納得させていた。高知空港に着いてトイレに行ったが、高松空港では曲がって右だったのに今日は左にある。しかも新設ではない。前回と違う。言い知れない不安が身体全体を覆ってきた。外に出ると全く違った景色があり、そこで自分の置かれている状況を理解した。「ここは高松ではない」高知駅から電車で高松まで乗り得意先に着いた時、もう甲子園は終っていた。

三島由紀夫.jpgけい小椋佳.jpg

 

 

98回「心理的限界」(20201118日)

ハンマー投げや重量挙げの選手が、大会本番に自己ベストをたたき出すケースがある。自分が思った以上の力、いわゆる「火事場の馬鹿力」が発揮された状態である。 もともと人間の脳は筋肉や骨の損傷を防ぐため、脳で意識的にコントロールして使える力を抑制するリミッター(安全装置)が掛けられている。通常時はどんなに頑張っても『心理的限界』とよばれる、『自分の意識の中での限界だと思っているところ』までしか力が発揮できないのである。しかしリミッターが外れた時は『心理的限界』を超えて普段は出せないところまで、筋肉の本来持っている力『生理的限界』と呼ばれるところまで、解き放つことが出来る。

人間はいくら火事が起こっても車を背負うことはできない。せいぜいタンスくらいだ。生理的限界は身体的限界と置き換えてもいい。

ちなみに『生理的限界』のおよそ70%~80%が『心理的限界』だと言われているが、こどもにおいてはもっと低いと思う。バンビーニ陸上クラブの低学年のこども達は、同じ練習をしても、高学年がヘトヘトなのに、休憩時間虫取りで遊ぶ全力走ができないこどもがいる。

生理的限界まで一時的に近づける方法の一つは、ハンマー投げの選手のように大声で叫ぶことである。叫ぶことによって脳の興奮水準が高まり、その瞬間に使いきれていなかった筋肉を動かすために必要な脳の一部が一気に覚醒して、無意識的に通常以上の力が発揮できる。

ただし、試験の時に大声で叫んでも「知識の馬鹿力」はない。つまみだされるのがオチだ。この場合は自分に暗示をかけるようにポジティブなイメージだけを持つ、これまで勉強したことで克服できると考え、『やればできる』と心のなかで言い聞かせるのが効果的である。

陸上競技でこども達の心理的限界を高めるためにはほめて育てるだけでは難しい。時には親に言われたことのないような叱り方も必要だ。この心理的限界を高めるだけでこども達の記録は20%も向上するのである。12月から日曜日に基礎クラスを設けるのはこの心理的限界を上げるためのもので、4年生になると始まる本格的練習に備える意味がある。全力で走ることを覚えるのである。

子ども同士のじゃれあいが狩りのテクニックを覚える場となる、ライオン世界をイメージして、クラス運営をしたいと思う。

 

 火事場の馬鹿力.pngライオン11kb.jpg

97回「やればできる」(20201111日)

昔流行った歌は、こどもには理解不能の歌詞も多かった。

♪ぼ、ぼ、ぼくらは少年探偵団

勇気凛々 琉璃の色

望みに燃える呼び声は

朝焼け空にこだまする♪

(「少年探偵団」)

凛凛とはなんだろう、勇気は琉璃の色なのか、じゃあ琉璃色はクレヨンにあるのか、都心に声はこだまするのか、こどもには難しい歌詞だった。

♪どこの誰だか知らないけれど

誰もがみんな知っている

月光仮面のおじさんは♪

(「月光仮面は誰でしょう」)

こどもの時は「知らないのに知っているとはなんじゃこの歌は」と思っていた。

♪解けない謎をさらりと解いて

この世に仇なす者たちを

デンデントロリコやつける♪

(「七色仮面の歌」)

「あだなす」の言葉を「あだなのある者と」思っていたが、漢字がわかるようになって理解した。しかしながらデンデントロリコとやっつけるのはどういう状況を示すのだろうか。今もってわからない。

歌詞は大人が作るのだが、昔はこどものことは考えていないものが多かったし、それに対してこども達も深くは疑問に思わず、「ま、いいか」と歌った曲が多かったのである。

陸上の練習で「右足ケンケン」というと「右足で地面を蹴って走れ」という指示だが、「右足を上げて左足で地面を蹴って進む」子が20%いる。柔軟でも「足を開いて左から」というと右から行う子がいる。1人ではない。「左ってどっちよ?」という質問に、思わず「お茶碗持つ方だ」と言って苦笑してしまった。私の考えとこどものとらえ方が異なることが希にある。

こういうことがあると、こどもの世界と大人の世界の端境期とはいつだったのだろうかと考えてしまう。サンタクロースの正体を知った時だったのか、好きな子が出来て胸がキュンとした時からだったのか、大人になった私にはもうわからない。

明日昔の先輩に呼ばれて飲み会が開かれる。きっと病気と旅行と誰々が亡くなったという話しか出ないだろう。これまでもそうだったから。2時間の練習と2時間の飲み会ではその後の充実感が違う。さびしい時悲しい時には明るい曲は聞かない方がいい。失恋した時、水前寺清子の「365歩のマーチ」を聞いても何も癒されないのだ。余計に自分が疎外されてしまう。先輩たちの会合で私は今の仕事の話はしない。

「やってもできない」という言葉は受け入れられても「やればできる」という言葉はこの会合では禁句なのだ。大人とこどもの世界の境は分からないが、老人とこどもの世界の違いはこの2つの言葉で区別できそうだ。

やっぱり明日は行きたくないなぁ。

やればできる.jpg

 

 

96回「いじめ」(2020114日)

学童の話

Tという1年生の女の子は「ぼくね、漢字書けるんだよ」と自慢する。女の子で自分を「僕」と言う子は学童で3人いる。ただ、Tは変な言い回しで喋る癖がある。足し算カードをめくって足し算をやり始めた。「8+7=・・・」しばらく間を置き(本人わからないのだ)、ページをめくりながら15と答える。裏側に答えが書いてあるから絶対に答えを見てから答えているのだが、本人は認めない。「え~わかんな~い、ぼくね・・」と延々に舌足らずで言い訳をする。仕舞には私にからみついてくる。「おい、T、ぶりっこしてもダメだ」というと「ぶっりっこって何?」「可愛くなくても可愛いそぶりをする子を言うのだよ。大人では両手を口の前でグーして語尾がだらしなく伸びる女性のことだ」

これではこどもでも同性に嫌われる。1年生の女の子は5人いるがKという従順な女の子以外は遊んでもらえない。3人の小1の女の子は彼女が来ると立ち上がって他の場所に行ってしまう。ぶりっこは男性には通じても同性である女性には嫌悪の対象でしかない。小1でも女なのである。帰宅して母親に訴えているらしい。学童でいじめられていると。実態は本人が悪い。家でも同じような言い方をしているが、注意したことがないそうだ。容姿は残念ながらぶりっ子レベルであるため、今後学校でいじめられないように都度「ぶりぶりぶりっこ」と注意している。

Sという男の子がいた。宿題をやっていると寝てしまう子だった。水筒の紐をかじったり教科書のページの角を食べてしまう子だ。この子はふざけて怒られることが多いが憎めない子であった。そのためずっといろいろな先生に声を掛けられていた。自分でもそれは感じていたと思う。しかし、翌年Yが入って来てから学童の雰囲気はガラッと変わった。すべての先生の視線がYに向かったのだ。Yの家は母親の精神的問題から離婚し、女手1つでYを育てている。そのせいかYは場の雰囲気をわからず1人奇怪な行動をする。入会する前に情報が入っていたせいもあって、我々はYの行動に理解を示した上で対応した。Sはその方針のせいではじかれることが多くなった。今までゆるされた行動がゆるされなくなったのである。Sは私の態度の変化にいぶかしい気持ちでいたと思う。ひょうきんなSが大好きだったので、私にからんでくるとおじいちゃんと孫の関係になっていた。だからYさえいなければという感情からYに辛く当たるようになったと思う。Yは不思議に我慢強くつねられても泣くことも我々に訴えることもない。いじめは許さないのだが、本人がいじめと思っていないので対応が難しい。気づけば「何をするのだ。いじめるな」とSを叱っている自分がいた。

自分を指し置いていじめを主張する子もつねってきてもいじめと感じない子もいる。どちらも守ってあげないといけない。来春新しいこども達が入会するとYよりも同情する余地のある子が入ってくるかもしれない。そうなればYもSと同じ思いをするだろう。

 

私の注意力不足がなければSは学童を辞めることはなかったのだ。こどもにとっての教育の善し悪しは、人生のほんのわずかなタイミングによるのかもしれない。

ぶりっこ.jpgつねる.pngタイミング1.jpg

95回「鬼滅けの刃」(20201028日)

「入山さんってA型なんですか?信じられない、てっきりO型かと思っていた」「入山さんって、水瓶座なの?嘘!山羊座かと思っていた」といったように、人から勝手に血液型や星座を決めつけられたことがある。

決めつけとは、一方的なレッテル張りのことだ。そして、決めつけの内容は言われた側にとってだいたいは的外れなことが多い。決めつける側の頭の中には、「私」の固定化された像が映っている。その像は勝手に作り出したものなので、現実の私とは関係のないものだ。その「決めつける側の私」を現実の私自身と一方的に結びつけようとすることが、いわゆる「決めつけ」なのだ。

 困ったことに、決めつけは突き詰めれば「命令と同じようなもの」になる。たとえば、「あなたっておとなしい性格だよね」と言った場合、「あなたはおとなしいはずだ」という思い込みが前提となっている。言い換えれば、「あなたはおとなしい人で、ずっとそうあり続けるべきだ」と言っているのと同じだ。このように、決めつけられる側としては、唐突に、しかも心外な命令をされるわけだから、反発を覚えるのが自然な心理と言える。

 一方、若い人と話しをしていると、相手が「私って、いつも周りに気を配っているじゃないですか、本当に疲れるのですよね」(そうは見えないが)とか「僕って、小さい時からやんちゃだったじゃないですか」(そんなこと少しも知らない)と言って話を進めることがある。これは自分自身で自分を決めつけている例だと言える。

さらに、「思い込みが激しい」傾向のある人は、いったん「この人はこういう人だ」と思ってしまうと、その思考から脱却できないことが多い。このような上司に出逢った部下は一度過ちを犯すと、どちらかが転勤しない限り不幸な月日が続いてしまう。

決めつけの対処法は馬耳東風に対応すればいい。この点こどもは我々大人のように深くは感じず、あるがままの自分でいられるのだ。

 しかし、これまでの文脈と矛盾するが、バンビーニでは練習が進むにつれて、個々のこどもの理想の姿が私の頭の中で醸成されている。私がよく言うのは「好きな種目と適している種目は異なる」ということで、本人の希望に関わらず種目を100mから1000mに代えることがある。この場合コーチの言うことだからと反発せず、こどもはほとんどが応じている。時々不安になるのは、この指示が「決め付け」の刃(やいば)としてこども達を切り刻んでないかということだ。決め付けは避けたほうがいいに決まっている。しかし現場は理想通りには行かないものだ。だから、私は種目変更によりこども達が「無限劣者変」にならないよう常に気を配ることにしている。

img_0.jpg

 

94回「逃げろ!」(20201021日)

小学生の長距離は1000mである。小学生の陸上競技では、スタート時肘や腕や脚がぶつかる唯一の「格闘技」となる種目である。気弱な選手ではすぐ後方に下がってしまう。

昨年チャレンジカップの600mでポケット状態となった苦い経験から、今回すべての長距離選手にスタートから飛び出すことを課題とした。今年初めての大会で確信したのは現在の高速レースではこのやりかたしかないということだ。

その理論的背景はこうだ。

(1)選手の不満

ある選手に2~3番手についていき、ラスト直線で抜けと指示したことがある。目標とした選手が不調だったのか「遅すぎて」こどもの不満が募り、自分からペースアップして集団から抜け出した。

(2)相手のリズムに乗ってしまう

後方で走るということは前方の選手を絶えず見ることになり、無意識に前方の選手のリズムに引き込まれてしまう。

(3)スピードのブレ

集団の場合手足がぶつからないように一定の距離を保たなければならない。一定の距離を保っていても、前の選手の小さなスピードの変動はある。トップの人間の小さな変動が集団の後方の選手に伝わるまでにはかなり増幅される。後方の選手ほどスピードのアップダウンで大きくペースを振られてしまう。

(4)水しぶき

1017日のような雨天時は、先頭の選手が走った水たまりの水を受けてしまう。先頭の選手は水たまりが見えるが、心構えができていない後方集団は急に水たまりに入ることになり、対応に慌ててしまう。

以上のことより、1000mでは集団で走るより集団から飛び出すことの方が有利である。

段々スピードをあげてゴール寸前相手を抜くことを競馬では「差し切る」というが、見ていて絵になる。しかし、本当に強い馬は「逃げ」なのだ。競馬ではタイムは参考であって日本記録云々と騒ぐ者はいない。いくら記録を破っても関係ない。順位戦だからだ。

埼玉の小学生の大会は記録戦である。強化指定選手の選考は指定試合で規定タイムを破ることにある。そのためにはバンビーニでは徹底した「逃げ」で勝負することにしている。

きっと他のクラブの指導者からは「馬鹿の一つ覚え」と笑われ、「頭を使え」と言われそうだ。しかし、愚直に繰り返すことによって何かが変わる、何かが生まれるのである。

コロナの影響で競技場では大声を出せないため、この作戦を行うたびに私は心の中で叫んでいる。

 (半沢直樹の伊佐山部長【市川猿之助】の口調で)「逃げろ!逃げろ、逃げろ、逃げろ、逃げろ、逃げろ、逃げろ、逃げろ、○○!(こどもの名前)」と

寧々6.jpgisayama.jpg

93回「ぼうず」(20201014日)

学童の話

大人が自然と身に着けた言葉がこどもの世界では通じないことがある。

月に1回の「お楽しみ会」で「ジェスチャー」をすることになった。28人が二組に分かれて速くお題が終ればいいゲームだ。あるいは10分間でいくつできたかを争うのだ。お題は各組14件ずつ28件用意してある。同じものだと別の組の答えを聞いてわかってしまうからだ。お題(141括り)はくじ引きだ。

A組で問題がすぐ生じた。お題の「チャンバラ」がわからない。今の子はチャンバラごっこをしないのだ。時代劇のTVがほとんどないからだし、時代劇のヒーローがいない。丹下左膳や白馬童子など時代劇のヒーローが今や一人もいない。チャンバラトリオというお笑いグループがあったのに・・・これは慌ててパスにした。

B組では「うなぎ」がお題であった。そこでジェスチャーマンは固まってしまった。後で聞いたのだが「うなぎ」は食べたことはあるが見たことがないと言う。だから鰻重の四角と四角に切られたうなぎしか思い浮かばない。うなぎを串に刺して焼くかっこうもできないし、ましてや落語の「鰻屋」や「素人鰻」のように、鰻をつかむ際、右手、左手を握りながら交互に手を上げて行くしぐさができない。また、できたとしてもそれを見ているこどもが何か判断できない。考えてみれば当然で親に連れて行かれても調理場まで見ないからだ。味はジェスチャーでは表現できない。

答えが違う場合は、両手で箱を示し右側に置くフリをすれば「その話は置いておいて」でもう関係ないことを示す。丸く円を描くと「ほぼ正解だが、もう少し違った言い方をすると」という意味を表すなど教えながら行った。

「鶏」のお題では、ひょうきんもののKが首を前後に動かして「鳩」、はばたくかっこうをして「白鳥」、卵を産む格好をして「ダチョウ」、頭を盛んに左右に斜めにするのを繰り返して「からす」など皆はKの思惑とは違った方向に行った。さかんに「両手で箱を示し右側に置く」しぐさをしながら彼の否定する顔が、また必死でさらに盛り上がった。

こんなのでどこがおもしろいのだろうかと思うくらい笑う。笑う声が部屋全体を包み、何か自分は幸せな気分になる。年寄の集まりだと面白いことを言っても、耳が遠いので一部の人間が怒り出し、その反応にさらに勘違いして他の人間までも怒り出し、しっちゃかめっちゃかになるのとは大違いだ。こどもを作るのは、子孫を残し遺伝子をつないでいくといった大袈裟なものでなく、こども達の笑いとこども達の行動によって明るくなることにあると思う。年寄夫婦で大笑いすることはあまりない。こどもがいれば毎日が大笑いだ。大人にとってのこどもの存在はそこにある。笑いは百薬の長だ。

 1人欠席の為1枚のカードが余った。それはA組、B組全員で当てようということになった。その最後のお題は、どの先生の作成したものかわからないが「ぼうず」。ジェスチャーマンはそのお題を見て私を指差す。「ハゲ!」「ツル!」「ハゲツルピッチャン」ジェスチャーマンは首を静かに振って、丸く円を描く。皆一斉に「ぼうず!」

ジェスチャー3.png

第92回「発芽」(2020107日)

スポーツの話

植物には「発芽の3条件」というものがある。タネは「酸素」「水」「温度」の3つが揃ってはじめて発芽する。たとえば、アサガオは発芽適温がおよそ20℃~25℃で、発芽には比較的高い温度が必要だ。もし、気温が10℃しかない時期にタネをまいても「酸素」「水」の条件が揃っていても「温度」が合わず発芽に至らない。逆に、発芽適温が18℃前後のパンジーを気温が30℃の時期にまいても「温度」が高すぎ、条件が合わずに発芽しにくい。

動物は寿命を操作することは殆んどできないが、植物は種子の中に生命の源と遺伝子を残していく。しかも、条件が整った時だけ発芽する。有名な大賀ハスは2000年の時間を有して発芽した。

子ども達を指導していて思うのだが、凄い子はたくさんいる。今までこんな凄い子はいないと思っていたら、まあびっくりするような子が翌年入ってくる。ただ、小学生のコーチはずっと育てることができない。塾や他のスポーツや手習いごとに取られてしまうからだ。受験だと言われればその子の将来がかかるため引き下がることにしている。子どもの人生を老人が左右してはいけない。また、バンビーニに入ってくる子にとって私は「路傍の石」だ。誰も今来た道にあった小石のことなど覚えていないように、10年後彼らには何も印象に残らないだろう。「なんだっけ・・・あの鹿のような名前のクラブで走ったことがある気がする」程度だろう。でも、私はコーチだったのだ。

発芽は条件が整った時だけ行われる。このことは子どもの能力の発揮でも言える。スポーツでの「発芽」の条件を3つに絞れば、1つ目は「子どもの負けず嫌いで辛抱強い性格」が必要だ。2つ目は塾や他の手習いごとに対し陸上競技を優先させる「親の寛容」さが大切だ。3つ目は「丈夫な体」を持っているかどうかだ。この3条件が揃った者のみが発芽できるのである。ただ、残念なことに植物と違ってタイムリミットがある。人間は動物だからだ。30歳以上を超えて発芽する人間はほとんどいない。30歳になって一年発起しても、羽生のような4回転ターンはできない。

チャンスに後ろ髪はない。人生の教訓でもある。私のような年齢になるとあああれがチャンスだったんだ後悔するが、現役の人にはわからない。言えることはチャンスは二度と来ないということだ。ワンチャンスをものにするのが大成する者だと思う。

自分が長距離が適しているのか、短距離がいいのかはコーチにしかわからない。短距離でも100mがいいのか400mがいいのかは総合的な面から判断すべきであり、好きな種目と適している種目とは別物だからだ。

コロナのせいで今年もあと2,3回の大会でシーズンが終わる。数少ない大会だが、その中でも発芽するタネを見るのがコーチの楽しみでもある。結果が伴えば自分が大賀博士になった気がする。それで充分。路傍の石にもいし(意志)がある。

 発芽.jpg大賀ハス.jpg

 

91回「なに~!」(2020101日)

営業の話

営業時代社内接待も仕事の内だった。納期管理をする部署のT課長は背が大きく腕っぷしも強いので工場も皆恐れていた。部下の女の子が困っていると工場に脅しの電話を入れる。ほとんどやくざの督促と同じ雰囲気となる。だから皆は寄り付かない。しかし、私とは妙に馬が合って時々飲みに行く。私が納期で困ってもT課長に頼めばいつも奇跡が起こるので、誰もが羨む仲と見える。「先生、そろそろ出番です」「おー」私にとっては用心棒みたいな人だった。

 飲みに行く時お金を出すのはいつも私だ。みかじめ料と言ってよい。ある時フグを食べての帰り、ヒレ酒を飲み過ぎてほとんどベロベロの状態のT課長。一人では帰れそうもないので、方向が違ったが自分が送ることになり、タクシーを呼んだ。

入山「Tさん、乗りますよ」

T課長「おー」

運転手「お客さん、どこまで?」

T課長「俺んちまで行ってくれ」

運転手「えっ、ちょっとわかんないですね」

T課長「なに~!お前、運転のプロだろう。わかんないとはなんだ」

入山「まあまTさん、運転手さんだってわからないこともありますよ。大体どのへんですか。たとえばいつも乗っている駅はどこですか」

T課長「千葉駅だ」

入山「運転手さん、じゃ千葉駅まで行ってください。近くなったらまた教えます」

イビキをかいて寝てしまったT課長を乗せ、千葉駅方面に向かった。

入山「Tさん、そろそろご自宅に近くなったようですが何か目印はありますか?」

T課長「う~ん、ダイエーのそばだ」

運転手「ダイエーてどの辺ですかね」

T課長「なに~!お前運転のプロだろう。なぜダイエーがわからない」

と運転席を蹴る。

入山「まあまあ、Tさん回り見て見覚えありますか」

T課長「おー、あの道を左だ」

運転手「お客さん、一通で入れないですが」

T課長「なに~!お前遠回りする気だな、善良な市民からぼったくろうとするんだな。表出ろ!」

入山「まあまあTさん、一方通行じゃ仕方ないですよ。警察に捕まったら運転手さん明日から商売できなくなりますよ」

T課長「わかった、じゃその先で曲がってくれ。・・・・ここが俺んちだ。いくらだ。」

運転手「12540円です」

T課長「なに~!地球1周したのか、なんでそんなに高いんだ」

入山「いや、Tさんここは私が払いますのでご心配いりません」

T課長「そうか、悪いな」

T課長を降ろし、千葉駅に行くように運転手さんに言った。

運転手「お客さん、助かりました。1人だったら殺されたかもしれません。千葉駅までメーター倒して送ります・・・・着きました」

入山「運転手さん、ありがとう。本当に12540円でいいんですか?はい、15000円出しますので、お釣りとレシートください」

運転手「いや、お客さん、さっき機械が壊れちゃってレシートが出ないんですよ」

 入山「なに~!」

用心棒.jpgタクシー.png

90回「あ~りが~とさ~ん」(2020924日)

アホの坂田(コメディNOの坂田利夫)を大阪のフェスティバルホールで初めてみた時、こんなアホなことを平気で出来る奴がいるんだと感心した。「あ~りが~とさ~ん」といって変な動きをして「ああ、こいつは常識人を捨てたな」とあっけにとられた。ところがその後「間寛平」が登場した。「かい~の」と言って物の角でお尻を上下させたり、お猿の物まねで舞台狭しと駆けずり回った。度肝を抜かれ「こんな男が世の中にいたのか」とただただ驚くだけだった。寛平はアホの坂田の上を行き「人間を捨てた」芸風だった。

他人より秀でる人間は出逢った時から何かが違う。そして不断の努力をしている。天才とはそういうものだ。

バンビーニ陸上クラブでも衝撃の出逢いの子ども達がいた。スーパー1年生だった男の子2人は先輩を抜くことに生きがいを感じ将来性を予感した。獲物をもてあそぶライオンの子どものようだった。手足が長いアフリカ人のような女の子も入ってきた。うちのエースはこの子だな、と直感した。しかし、彼らはここにきて練習をさぼることを覚えた。小学生にストイックなことを要求するのは無理なのは百も承知している。だが何度怒っても何度ペナルティを課しても、やれお腹が痛い、足が痛い、頭痛だ、最後はトイレで逃げられる。折角蕾が開きかけ花の色がおぼろげながらわかったのにまた閉じてしまった。一生懸命やっているとは思えないタイムで帰って来る。どんなに苦しい顔をしてもタイムがすべてを物語る。塾や他のスポーツを兼ねているので可哀想な気がするが、私は陸上競技のコーチであり、その才能は高く買っている。蕾はユリのように大きいのだ。しかしながら、「馬を川に連れて行くことはできるが水を飲ませることはできない」という諺をいま身に染みて感じている。

 だが、私はあきらめない。懲りずに練習場で再トライしてみる。彼らがバンビーニをやめない限りストップウオッチが微笑むまで怒鳴り散らしてやるぞ、コーチに「あ~りが~とさ~ん」ではなく「ありがとう」と言える日まで。

坂田.jpg間寛平.jpg

89回「まんずまんず分かった」(2020917日)

営業の話

安倍さんの後、菅官房長官が総理大臣になったが、出身が秋田と聞いて懐かしく思った。

以前勤めていた会社の工場が羽越線の仁賀保にあった。労使協定では秋田行きの夜行列車で行くのが暗黙の了解であった。あけぼの、天の川、鳥海、出羽と名前は変わったが、特に印象が強いのは寝台急行「鳥海」だった。この列車の寝台は3段式であった。寝ないと着替えられないくらい狭い。新潟過ぎると貨車の切り替えか何かで大きな音がして起こされた。羽越線は松本清張の「砂の器」でしか知らなかったし、入社するまで秋田には行ったことがなかった。その後30年秋田とは切っても切れない縁となった。

 その秋田の印象を思い出した。

社内の公用語は秋田弁だったが、なかなかわからなかったが、秋田の人とお酒を飲むと「秋田弁はフランス語に聞こえるだろう」と何人かの人に言われた。フランス語は習ったことがないのでそうなのかと思っていたら、口の悪い先輩が「秋田は寒いので雪が食道に入らないように、なるべく口を開かないでしゃべっているだけだ」という。

別の人は「秋田弁は世界で一番短いセンテンスがある。ギネス級だ」という。何かと言えば『「どさ」「ゆさ」』の会話だった。つまり、その意味は「どこさいくのさ(どこへ行くの)?」「湯さ(銭湯に行くのさ)」という文章で世界中でこの意味を文章にしたら、秋田弁より短い文章はないという。

そのくらいなら可愛いものだが、ある時秋田弁を甘くみて大失敗した。納期が差し迫っていて工場にお願いに上がった。すると生産担当者が「まんずまんず分かった」と言ってくれたので、その生産担当者を接待してその日の夜行で東京に帰った。お客に行き「工場を説得して納期通り入れると確約をもらいました」と報告。「若いのに頑張ったね」と得意先には褒められた。ところが納期が近くなって特便を手配するので納入日を確認したら、予定にないとのこと。慌てて先の生産担当者に電話した。「あなた、納期通り入れると言いましたよね」「なんだ、そんなこと言ってねぇ」「イヤ言いました。まんずまんずわかったと言ってくれましたよね」「ああ言ったよ」「じゃあ、なぜ守らないのですか」

その会話を聞いていた上司がいったん電話を切らせて私を会議室に呼んだ。「入山、いいか、秋田弁の『まんずまんず分かった』は『まんずまんず分かった』ではなく、『まんずまんず分かった』なのだ。アクセントが違うのだ。俺たち関東の人間はその言葉を『よーくわかった。後のことは俺たちに任せろ』と取る。しかし、工場の人間は『まあ、まあ、お前の言っていることは今わかった。別途考えておく』程度のものなのだ。決して前向きの回答ではない。何人の新人営業マンがその言葉に泣いたことか」と言われた。その時は上司が工場長にお願いして事なきを得たが、その後私は「日にちと時間」を聞くまでは帰らないしつこい営業マンとなった。

 秋田の人は1人の時はすごくいい人でほんわかするが、集団になると困ることが多い。市場で製品の不良が出、得意先と一緒に工場で会議を設けた。工場では「不良」という言葉は使わない「不具合」という。会議の途中どうも工場のミスでその不具合が発生したような空気が漂った。それまで標準語でやっていたのに急に事業部長が「これな○△%#・・・でな&$!@よって□▲◇」と喋り始め技術や品質保証の人間と話が10分くらい我々の前で行われたが、何の話かわからなかった。得意先の人も目をまんまるにするだけだった。

数年後にオランダのフィリップスの子会社の資材と話すことがあった。世界中のフィリップスの会社の資材が集まって国際会議が年2回開かれる。公用語は英語で行われるが、本社のミスでこうなったとある国の資材が発言したら、議事進行していた本社の人間がオランダ語で話し始めたという。何が起こったかオランダ人以外わからなかったという。私はすでに秋田で経験していた。

 コーチとして子供たちに教える場合、難しい言葉や曖昧な指示は混乱をもたらす。30分走をする際「歩く速度でいいが歩いてはいかん」と教えたことがある。ものの見事に子ども達は1周もしないうちに歩き出した。

秋田犬.jpg秋田弁.jpg

 

88回「猿の惑星」(202099日)

スポーツの話

職業柄ストップウオッチを押すことが多いが、短距離選手には「12秒という壁を意識して何度でもトライしろ。一度破ったら116までは簡単に行き、次に115の壁が待っている」と指導している。

1964年の東京オリンピックの頃、人類の100mの壁は“100”であった。ゴリラのような筋肉質のボブ・ヘイズが挑戦したが、準決勝で追い風参考ながら99を出し決勝での期待がかかった。しかし、金メダルは取ったが10秒は切れず、その後アメフトに転向した。人類が正式に10秒を切ったのは1968620日全米選手権でハインズ、グリーン、スミスの3人が準決勝で同時に99(手動計)を出したことによる。1960年に西ドイツのハリーが100を出してから8年がかかった。

トップニュースとなり、人類の進歩(逆の意味で人類の壁)を意識させた日でもあった。今では日本人も含め何百人も10秒を切っている。

壁には人類という大きな壁と日本人、埼玉県、○○学校という壁がある。自己ベストという小さいが確実に意識できる壁もある。特に陸上競技の場合はタイムや距離や高さという自己記録が厳に存在するので意識しやすい。柔道やレスリングの場合運不運がある。吉田沙保里の時代にプレーした同期生は絶対に優勝できないのだ。沙保里という壁は破れなかった。その点陸上競技は努力が報われるスポーツだ。たとえ桐生祥秀と走ることになっても、「自己ベストという壁を破る」という目標がある。陸上選手は対人競技の選手と比べれば幸せだ。

 時間については、アイシュタインの「特殊相対性理論」における時間の概念に従った情景を見ることが多い。

特殊相対性理論では「運動する物体の時間は静止しているものに比べて進み方が遅くなる」としている。これは映画「猿の惑星」のアイデアに引用されたように「ロケットに乗った宇宙飛行士と地球とでは、時間は宇宙飛行士の方が遅くなる」という考えで、宇宙飛行士が6か月の飛行から帰ってきたら地球は700年も経って猿に支配されていたというストーリーとなった。

年寄はアクセクしないが、子ども達はいろいろなものに興味があり動き回る。だから「運動している物体(子ども)は静止しているもの(年寄)に比べて時間の進み方が遅くなる。よって、コロナの影響で短くなったといっても夏休みが長く感じる」のである。(*これについては第6回「ゾウとネズミ」に別の観点からも記載した)

時間は伸び縮みするということもアイシュタインは言っている。急いでいる時、電車に乗り遅れると次の電車が来る5分間が10分間のように長く感じられる。彼女を送る際あと5分後に電車が来るのに1分で来てしまったような気がする。「困ったことや苦しい時は楽しい時よりも時間の進み方は遅くなる」のである。

時間は気の持ちようである。先述したような100mにおいて12秒を壁とするか115を壁とするかによっても違うと思う。115を壁と考えれば119は簡単だ。しかし、中学生に110が壁だと言えば11秒2は簡単だというほど物事はたやすくない。壁(目標)を心理的に到達できないほどに高くすれば、12秒も切れずに中学生活が終ってしまう。

 

 ヘイズ.jpg猿の惑星2.jpg

87回「時間かかったねぇ~」(202092日)

学童の話

学童は大人の世界の入り口のような気がする。子どもの世界と大人の世界の汽水域だ。子は親の映し鏡だと以前書いた(第46回「映し鏡」)が、大人の社会で使われる言葉使いや話し方をするのだ。また、その様子を見ていた1年生が上級生の真似をする。一人っ子で家から出ない子はずっと幼いのかもしれない。

 おやつを食べた後公園や学校に遊びに行く。列の前にはリーダーが立つ。リーダーが後ろを向いてはみ出している児童がいると「○○、列に戻って」との声を発する。ある時いつもリーダーに目をつけられてる△△はなんでもなくとも「△△」と言われる。名前を呼ばれたらアウトなのだ。△△の前に歩いていた児童が笑った。「△△、笑わないで」と指摘。後ろで見ていた私は「それは違う、濡れ衣だ」と訴えた。濡れ衣がわからないようなので説明したら「イリ、歩く時は口を開かない」と怒られた。帰りはリーダーが変更になるが、今度は前半のリーダーが後方から「△△」と指摘する。

というように言った者勝ちなので、名前を指摘することが自らを上位に位置づける方法なのだ。帰りの会でも「静かにするよ」「先生の方を向いて」という子が上位で、注意される子が下位に位置づけられる。年齢に関係ない。文字通り言った者勝ちだ。

 ある時子どもが私に問題を出した。「158215」はいくつだという。

入山「うんと紙がないから太変だけど・・・」

児童「言い訳は止めようね」

入山「ちょっと待ってね。わかった、373

児童「正解。でも、ずいぶん時間かかったねぇ~」

完全に上からの物言いいだ。

彼らの教師に対する見方は、マネージャーのS先生、ベテランのT先生、怖いI先生、そして私という順位づけである。何か許可がいる場合私より上位の教師に許しを請う。よって、私は下の下であるため教師として見ていない。

女の子が学校から帰ってくると汗びっしょりなので着替えをする。私を立たせカーテン代わりにして着替える。私を男としても見ていない。着替えがないと下着でいいかと聞くがどうみても色っぽい。女の先生に聞いてみる。案の定ダメだった。学童のTシャツを貸し出す。

 

女の子は髪の毛がうっとおしいのでゴムバンドでおさげにしてくれというが、女の子の髪を分けたことがない。二つに分けろと言うが髪の毛の目分量がわからないし、ゴムを二重にするのか三重にするのかがわからない。子どもにとって簡単なことと思われていた髪結びが私にはできない。「こりゃダメだ」がいつも聞かされる子どもの捨て台詞。学童での序列は当分変わらないようだ。

上から目線.pngおさげ0369-child-girl2-brown.png

86回「夏模様」(2020826日)

昔の話

コロナの影響で今年の夏はどこも盆踊りがない。盆踊りのない夏休みなんて、考えたこともない。

小学生の頃は自治会がしっかりしていた。毎年夏には自治会毎に順番に盆踊りが開催された。今は公園しかないが、昔は土地も余っており、盆踊りの開催場所に困ったことはなかった。

私の地元の盆踊りは足立区東和一丁目から始まり東和五丁目で終了する。毎週土日の2日間、雨天は順延だった。町内会ごとにお囃子と太鼓叩きがいた。祭りが近づくとどこかの家でお囃子の音が聞こえた。太鼓はうるさいので練習する場所がなく個人の経験に頼らざるを得なかった。そのため、一丁目から五丁目まで1人のおじさんが叩いていた。このおじさんの名前は知らないが、おじさんの太鼓は初めは踊りに合わせた静かなものだったが、休憩の際お酒を飲むと興に乗じて太鼓を乱打する。無法松の一生に出てくる「小倉祇園太鼓」の「暴れ打ち」が始まるともう舞台はおじさんのものとなった。皆がこのおじさんに集中し、踊りも放送も屋台もすべての音が止まった。夜空を見上げ、撥(バチ)を持った腕をまっすぐ伸ばして止め、しばしの間合いの後に叩く太鼓は、まるで広場の空気をすべて振動させたかのようだった。

 友達の岡部は盆踊りがうまかった。当時は東京音頭や炭坑節などが流行っていたが、彼はその他マイナーな踊りでも先頭に立つ。子どもだと馬鹿にしてはいけない。彼はすべての盆踊りを踊れるのだ。初心者は誰でも彼の動きを見ながら踊っていた。学校では目立たない存在で我々のパシリであったが、盆踊りでは大スターだった。真新しい着物を着て一丁目から五丁目まで踊りつくした。この時ばかりは彼には近づけなかった。

 私は他の友達と屋台巡りだった。昔は日立製作所亀有工場があり、日立の社宅の子ども達が多く50人クラスで6クラスあった。だから人出も多く、たかが盆踊りでも縁日なみの屋台が出た。お面や金魚すくいはどの盆踊りでもあったが、三丁目の盆踊りは「ひよこ売り」が出たのだ。ひよこ売りとは文字通り鶏のひよこを10円で売る商売だ。

ひよこ売りのおじさんには2度騙された。そこには通常の黄色いひよこの他に赤色や青色のひよこがいた。「これは珍しいひよこだよ」という。「これを下さい」と青色のひよこを選んだ。翌日暑かったので、ひよこが水飲み用のケースで水浴びをした。しばらくして、ひよこを出して拭いてあげると、拭いたタオルが青く染まった。

ひよこ売りのおじさんは「ぼうず、これ買って卵を産ませてお母さんを喜ばせてやれ」とも言っていた。しかし、ひよこは半年後「コケコッコー」と鳴き始めた。

 祭りが終わると翌日決まって子供たちの何人かは広場に行く。私もその一人だった。なぜ見に行くのかわからないが、柱や紅白の幕が片付けられるのを見ていた。一丁目の盆踊りの時はまだまだこの後も盆踊りはあると思っていたので何も感じなかったが、五丁目の時はもうこれで盆踊りも夏休みも終わりだと思うと言い知れぬ寂しさに襲われた。

ふとベンチを見ると、あの無法松のおじさんがいた。ビールの缶を片手に櫓(ヤグラ)が運び出されるのをじっと見ていた。豆腐屋がラッパを鳴らして通り過ぎた。帰ろうと広場を出たら、小走りに自宅に向かう岡部の後ろ姿があった。

131544927548613303116.jpgカラーひよこ.jpg

85回「名前負け」(2020819日)

営業の話

入山という名前は山に入るだから祖先は木こりか猟師だと思う。稲田は農夫、魚浜は漁師だったのだろう。名前にはそれなりの意味がある。

さて、私には営業をしていた時「名前負け」した男が2人いる。

1人は大王丸さんだ。

A社の営業部長だった彼は、得意先の協力会でも強烈なインパクトがあって得意先の担当者も名刺をもらったら絶対に忘れない。歌丸や金丸、五郎丸は有名だがこの人に比べたらインパクトがない。この名前を聞けば海賊の親分か山賊の大将か思い起こされ、少なくとも手下ではないはずだ。会ってみれば何か祖先の面影が出てくる人だった。同じ製品を競合していたが、彼が出てくると勝てない気がした。完全に名前負けした男だった。

2人目は高杉さんだ。

会社の上司だった高杉春正さんのことだ。私が逢った有名人の子孫はオリンピックで優勝した田島直人のお子さんが大学の先輩であったのが最初だったが、歴史上の人物の子孫としては初めての出会いであった。幕末の動乱期、長州藩の志士として活躍した高杉晋作の血を引く高杉家本家筋の14代目である。晋作の実名は「春風」で、高杉家では代々、長男の名前に「春」の字が付く習わしになっているそうだ。東京の祐天寺に大きな家を構えている。

かつてお父さんが長州(山口県)出身者の人間を書生として養っていた。

ある時B社の取引で電子部品の挿入機(5000万円)の商談があった。競合は3社である。ただこのB社は電々ファミリーのひとつで購入先はほぼ決まっていた。資料作り(比較検討用に)にうちの会社の製品を利用されていると思ったので上司の高杉さんと相談しB社に行ってもらった。比較だけに利用されるなら時間がもったいないので、入札に不参加することを高杉さんに提案したのだ。

選定責任者の製造部長のC氏と名刺交換すると、「高杉さん、祐天寺に住んでいる高杉さんですか」と聞いてきた。「はい・・・」「ぼん、私です。Cです。学生時代お父さんにお世話になったCです」そこから話が盛り上がり、最後は「私が応援します。このままだとあそこに決まってしまいます。いいですか、ぼん、私の言うように工場も対応するよう指示してください」と述べて別れた。その後週1で連絡があり、その都度改良して対応した。最後は価格だが高杉さんが工場を説得して競合を出し抜いた。こうして4500万円になってしまったが受注に成功した。機械に慣れると作業員は同じものを欲しがる。こうしてこの会社に私が担当の間、合計3台納入した。

高杉家が書生として同郷の人間の面倒を見たことと、春正さんの底抜けの明るさで受注できたビジネスに居合わせたのは営業冥利に尽きる。

「おもしろきなき世をおもしろくすみなすものは心なりけり」(晋作辞世の句)

 

 蜂須賀.jpeg1晋作.jpeg

84回「大奥巡り」(2020812日)

昔の話

私の母校「足立区立東淵江小学校」の校歌は古関裕而の作曲である。朝の番組「エール」を見て、ふと思った。小学校か中学校か高校の校歌が確かこの人が作曲したのではないかなと思って調べたら、小学校校歌だった。校歌などはその学校を出てないと全く興味がないと思う。私などは今聞いても小学校の校歌なのか中学校の校歌なのかよく思い出せない。ただ、高校の校歌はわかる。学校体操というのがあって校歌に合わせて体操をした。これが高校1年生の体育の授業で実施され、評価の対象であったので今でも体が覚えている。

さて、その高校での話。

いたずら好きなのか目立ちたがりなのかよくわからないが、昔から人のやらないようなことをした。小学校以来「情緒不安定」の文字が高校卒業まで通信簿に記載されていた。小学校の時はなんと読むのかわからなかった。高校になってやっとわかった。しかし、その時はもう遅かった。

高校には誰が考えたのか誰も成功したことがない伝説の「大奥巡り」という度胸試しがあった。高校は1、2組が女子(就職組)、34組が大学進学文系、56組が大学進学理系というクラス分けであった。1クラス50人の大所帯。度胸試しとは「この1組または2組の教室を授業中1周してくる」という内容だ。前の扉から入り後ろの扉から出る。ゆっくりと歩き慌ててはいけない。過去挑戦してみた先輩の中には、扉を開けたはいいが足がすくんで動けなかったり、教壇付近で引き返してしまった人がいたようだ。数年前にある先輩が入室に成功したが数学のT先生だったので、入って10歩も行かないうち胸ぐらをつかまれぶん殴られて終わり、その後誰も挑戦しなくなった。今冷静に書いていると全くくだらない度胸試しだった。

4組にいた私はある時自習授業になって何のきっかけかこの伝説に挑戦することになった。成功したら皆が1100円くれるという。全員が賛成した。4900円は当時の私にしては大金だった。

1組は体操の時間でいなかったので、2組で挑戦するしかなかった。前の扉をノックし先生に頭を下げ、ゆっくりと先生の前を歩き窓際の机の列を通り後ろの壁にたどり着き皆を見ながら後ろの扉まで来た。入る時は張りつめた空気だった。「な、なんなんだ、こいつは」との雰囲気が蔓延していた。T先生だったら入ったとたんまた殴られて終わったのだろうが、女のS先生(おばあさん先生)だったので、何をしようとしているのかわかってゆるしてくれたのだと思う。窓際の列を歩いていた時皆は気づいた。これが伝説の「大奥巡りだ」と。ざわざわし始めた。一礼して扉を開けて出た時、拍手が起こった。扉を閉めると急に足がガクガクした。

一部始終を見ていた立会人のMたちからの情報で成功したことがわかると、クラスの皆からお金が集まった。数えてみると6000円は超えていた。

大奥巡りの成功はひとえに寛大で慈母愛に満ちたおばあさん先生のおかげだ。今日812日はおばあさん先生の命日である。献花

大奥巡り.jpeg女子校1.jpeg

83回「世にも奇妙な物語」(202085日)

スポーツの話

私には癖がないと豪語している人が、靴を履く時右足からいつも履いていることを本人は知らない。初耳の時に瞬きを激しくする人がいて、このことは知らないんだとわかってしまう。「無くて七癖あって四十八癖」とは、癖が無いように見える人でも何かしらの癖があるもので、癖があるといわれる人ならば、尚更多くの癖があるものだということである。

さて、当クラブにはいろいろな子が入ってくる。僕をもっと速くしてくれと言ってくるが、入会しなくとも“癖”をなくせば速くなる。これからご紹介するのは、本当はもっと速いのにサイドブレーキを引いて走っていた子どもたちの癖である。

 (1)窮屈なスタート

学校ではパンチスタートを教わったようだが、体が固い上、腕や脚の力が不足しているため彼には不向きなスタートだった。構えた時腕が真っ直ぐ伸びず(体を支えられないため)腰を高く上げた分足の出るのがかえって遅れていた。つんのめった走りでハイヒールを履いて走っている様なものだ。ミディアムスタートに変えてスムーズに出れるようになった。

(2)利き腕で字を書いていない

スタートの練習では「利き足で出なさい」と小学生に教えていた時、利き足をチェックする動作を中学2年生の男子がやってみたいというのでやらせてみた。なんと逆だった。この子は川口市の100mではトップクラスの選手だ。片岡鶴太郎じゃあるまいしわざと利き手でない方で絵や文字を書くべきではない。陸上では「器用」なスタートは要らない。選手に合った「綺麗」なスタートを旨とすべきである。

(3)地面を叩くような腕振り

腕振りができていないのは腕の振りを教えていないからだ。地面を叩くように拳を下ろし肘を引いて上にあげる。さすがに最近は100mではやらないがロング走では時々やる。かなり私に怒られるが言われるまで気づかない。

(4)幽霊走り

手の甲を上に向けて走る“うらめしや”の腕振りをする子がいる。保護者の間で「幽霊走り」と言われていると聞いて可哀想になり対策グッズをつくってみた。ポンチ絵を渡し製作はすべて妻がおこなった。これは腕に巻いた布が本人に見えたら幽霊走り、見えないように走れたら直っているから、時々自分でチェックしなさいと指示。これがうまくいったようで綺麗になった。今後このグッズなしで腕が振れたらいいのだが。もともと地力があり腕振りがきちんとできれば同学年の速い子と同じくらいになると思う。

このように当クラブに入会する児童・生徒の中には、摩訶不思議な癖がある者がいる。

 (「世にも奇妙な物語」のタモリの口調で)この事例を笑っているあなた、そういうあなたのお子さんにも妙な癖が・・・身に覚えがありませんか・・・(ガラモンソングの『テゥルルルルン テゥルルルルー』♪のピアノ曲が流れる)

タモリ.jpg慶悟スタート修正前後.jpgコウ腕振り修正前後.jpg

82回「エイトマン」(2020729日)

学童の話

おやつはじゃんけんで教師に勝った者から3人ずつ取りにいくことになった。今日のじゃんけんは私が担当である。「始めはグー、じゃんけんぽん」で4人が私に勝った。その中でまたじゃんけんして2人が決まった。あと1人だったが3年生と1年生だったので3年生の女子に「K、お前先輩だから1年生に譲れ」と言った。文句が出たがバンビーニと同じ調子で聞く耳を持たなかった。「さあ次行くよ」と進めたものだから女の子のKは泣き出してしまった。

そばにいたおせっかいのYが「イリ、謝りなさいよ」と言ってきた。こんなことぐらいで泣くなと思ったが、仕方ないので「ごめんね、ごめんね、ごめんね~」と漫才のU字工事の益子の口調で言ったものだから、火に油を注いでしまい、Kは号泣してしまった。優先させた1年生までがKの味方となり非難。他の先生に助けを求めたが、自らの仕事に専念し背を向けてしまった。「自分でまいた種だから、自分で始末しなさい」という無言の答え。完全に四面楚歌。「どうしよう・・・」と思った瞬間、口と体が動いた。

「すみません、これからは1年生と言えどもひいきしません。平等に対応します。・・・お詫びに歌を唄います。先生の子どもの頃流行った歌で『エイトマン』と言います。・・・では、いきま~す。*( )内は振付動作。

ファイト(肘を曲げて右手前左手後ろ)

ファイト(肘を曲げて左手前右手後ろ)

ファイト(肘を曲げて右手前左手後ろ)

ファイト(肘を曲げて左手前右手後ろ)

ファイト(肘を曲げて右手前左手後ろ)

エイト(右手で親指と人差し指で円を作り左手も同じようにし胸の中央で8の字を作る)

エイト(上記と同じ。ただし右手の輪が左手の輪の上に)

エイト(上記と同じ。ただし左手の輪が右手の輪の上に)

エイト(上記と同じ。ただし右手の輪が左手の輪の上に)

エイト(上記と同じ。ただし左手の輪が右手の輪の上に)

エイト(上記と同じ。ただし右手の輪が左手の輪の上に)

光る海(右の手のひらを水平にしておでこに当てながら広田ひかるの方を見る)

光る大空(同様に大空こうきを見る)

光る大地(同様にあきやま大地を見る)

行こう無限の地平線(遠くを指さし、左手を添えた後両手を外に広げ地平線を示す)

走るエイトマン(膝を高く上げその場モモ上げ)弾よりも速く(右手親指と人差し指で楕円をつくり弾を連想させ、前から後ろに流す。相対的に自分が弾より速いことを示す)

叫べ胸を張れ鋼鉄の胸を(右手を広げて口元へ。胸を張り、ゴリラのように胸を叩く) 

ファイト(肘を曲げて右手前左手後ろ)